フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

片折で食事。

以前から行ってみたかった金沢「片折」さんで松茸尽くし。

 

f:id:monsieur0204:20201015205101j:image

 

長野人なので毎年松茸を食べるのに苦労は無いのですが、こんな立派な物は初めて。

ただでさえ今年は不作ですから、これだけ揃えているところが凄過ぎます。

 

f:id:monsieur0204:20201015205318j:image

 

最近の食べ歩きは年1回のフランスバカンスに集中していたのですが、今年は海外に行けないので国内で。
昨年のNomaやGeraniumとはまた違った凄い満足感。

 

f:id:monsieur0204:20201015205408j:image


和食さんらしい凛とした空気の中で、目の前で削られる鰹節の1番出汁やゆっくり焼かれる松茸の香り、他の料理も素晴らしく目や耳、鼻や舌でとことん楽しめました。


裏に入っても物音や話し声さえ無く、徹底した食事を楽しむ空間作りは圧巻。

フランス料理には無い多彩なお皿も、展示会で見ているようです。

改めてそれぞれに意味があるのが洋食とは違うなと思います。

 

色々なお話もさせて頂けて、大変勉強になりました!

 

f:id:monsieur0204:20201015205637j:image

(野暮なので、料理写真は載せません。。)