フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

KAMU Kanazawaを訪問。

金沢の美術館といったら「21世紀美術館」ですが時間も無かったので、近くに出来たばかりの私設美術館「KAMU kanazawa」に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20201016201654j:image

 

目的は21世紀美術館の水の中に人が見える「スイミングプール」でお馴染みのレアンドロ・エルリッヒ。

 

f:id:monsieur0204:20201016201053j:image

 

これですね。

 

f:id:monsieur0204:20201016201032j:image


最近、公開されたばかりの螺旋階段の無限ループの大型インスタレーションはいつ迄も見ていられる面白さ。(分かり難い写真を撮ってしまった。。)

 

f:id:monsieur0204:20201016201126j:image

 

こちらはkamuのInstagramから。

本来は台に乗って落ちそうな様子を撮ったりするのかと。

 

f:id:monsieur0204:20201016201749j:image

 

他は手すりなども含めて触ってはいけないのですが、中央の台だけ触って(乗って)いい理由が今更ですが分かりました(笑

 

f:id:monsieur0204:20201016201523j:image

 

3階に展示されている桑田卓郎氏の器は前日の片折さんでも使われていたそう。

 

f:id:monsieur0204:20201016201834j:image

 

料理人は美味しさなどの着地点があるので何となく理解出来るのですが、こうした作品を作るイマジネーションが何処から来るのか不思議でなりません。

 

f:id:monsieur0204:20201016201556j:image

 

佐久にいるとこうしたアートに触れ合う機会が極端に少ないと感じました。
昔は東京やパリにいて頻繁に通っていましたから、もう少し感性を磨く為にも積極的にこうした場所にこれたらな、とは思いました。

 

f:id:monsieur0204:20201016201632j:image