読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

今年の食材買い出し。

年一回のフランス買い出しも無事に終了しました。

 

f:id:monsieur0204:20161218013845j:image

 

軽井沢の繁忙期(GW、夏シーズン、紅葉シーズン、SW)の合間に当たる冬は、フランスに来て買い出しをする事を目標にしています。

今では白馬の仕事が決まっているので、冬シーズン前の11月に買い出しを行います。

(本来はブルゴーニュワインのリリース時期が10〜2月なので、2月あたりに来てワインも全部回収したいんですけどね、、。)

食材(特にバター)が悪くならない冬の時期に来れるのは、夏リゾートの軽井沢で働く強みですね。

ボルディエのバターは毎年大量に購入しますが、今年は新作の蕎麦味も購入してきました。

 

f:id:monsieur0204:20161218014409j:image

 

スーパーで売っている塩でさえも、日本で買うと凄く高いです。

こちらは自分のお気に入りで出張料理によく使います。

 

f:id:monsieur0204:20161218014529j:image

 

毎年、必ずパリの料理本専門店「リブレリー・グルマンド」には寄って、料理本はチェックしてきます。

今年はレジス・マルコンのハーブ、野草の本があったので購入してきました。

長野の野草類と比べながら参考にしたいです。

 

他にもナッツオイル、スパイス、肉解体用のナイフなどを購入しました。

特にナッツオイルは日本未入荷なので、パリの友人シェフにお願いして必要分を取り寄せてもらっています。

 

少し買い過ぎましたが、今年も良い買い物が出来ました。