フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

今シーズンの出張料理終了。

3連休で無事に今シーズンの出張料理を終えました!

ご利用頂いたお客様に感謝です。
ありがとうございました‼︎

 

f:id:monsieur0204:20201125090258j:image

 

例年の11月はフランスに行っているので出張料理は行わないのですが、今年はコロナという事で通常営業。

 

f:id:monsieur0204:20201125090317j:image

 

f:id:monsieur0204:20201125092406j:image


11月だったので八ヶ岳トリュフや美ヶ原の熊や鹿、信州フランス鴨に諏訪湖のワカサギなど、いつもは季節的に使わない食材も多く使用出来ました。

 

f:id:monsieur0204:20201125090340j:image

 

ちょっと和洋のオーダーだったので熊しゃぶ。

こちらは馴染みのお客様なので、自分が出来る美味しいと思う料理を。

 

f:id:monsieur0204:20201125090421j:image

 

炭で焼いた葱とクレソンと一緒に。

お客様が自宅の囲炉裏で何かやりたいという事で葱や他を焼いて頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20201125090742j:image

 

〆の雑炊。

 

f:id:monsieur0204:20201125090600j:image

 

大きな椎茸にボルディエバターのピモン(バスクの唐辛子)味。

こちら、大好評でした。

 

f:id:monsieur0204:20201125090724j:image


f:id:monsieur0204:20201125090721j:image

 

クレソンも暖かい時期のような成長はありませんが、冷たい水で引き締まった味わいは何とも美味。

 

f:id:monsieur0204:20201125091017j:image

 

f:id:monsieur0204:20201125090915j:image

 

先日、釣りに行った諏訪湖のワカサギはシンプルに揚げました。

 

f:id:monsieur0204:20201125091057j:image

 

こちらは美ヶ原の鹿肉。

 

f:id:monsieur0204:20201125092302j:image


f:id:monsieur0204:20201125091052j:image

 

信州フランス鴨は低温で火入れをして、仕上げを囲炉裏で。

 

f:id:monsieur0204:20201125091329j:image


f:id:monsieur0204:20201125091332j:image

 

ワインも日本のワインをよく頼まれましたね。

 

f:id:monsieur0204:20201125091416j:image

 

勿論、フランスのワインも。

 

出張料理をしているのでよく「時代に合って沢山のオーダーがあったんじゃない?」と言われますが、正直4〜7月はキャンセル続きでしんどかったです。

別荘の方は軽井沢にいらっしゃるのですが、ゲストが東京から地方に行く事を躊躇うケースでキャンセルが相次ぎました。

何とか山菜を摘んで売ったり、畑仕事に精を出しましたが、売り上げ的にはかなりのダメージでしたね。

流れが変わったのは7月のGotoからでしょうか。

それからは売り上げ好調で、4〜7月のマイナス分は取り戻せたと思います。

 

軽井沢のお客様からも「コロナ禍なので、こうして家族や気の知れた友人達と自宅、別荘で食事が出来るのは有り難い。」と大変喜んで頂けました。
こちらもコロナ禍だからこの営業形態に変えたわけでは無く、フランス帰国時からずっとやっている事なので、お客様のニーズに合って良かったと思います。

先日、雑誌に紹介されたのですが、正直そちらからのオーダーはありません。

自分的にもどの位オーダーがあるのか期待しましたが、やはり軽井沢は口コミなどの信用が大事なのだとつくづく思いました。

出張料理を長く軽井沢で続けていたので、こうして仕事を頂けるのだと思います。

 

f:id:monsieur0204:20201125092147j:image

 

今シーズンの出張料理は終わりますが、今週からは白馬のホテルの仕事が始まります。
白馬に来られるお客様も楽しんで頂けるように、しっかり準備が出来たらと思います‼︎