フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

出張料理の婦人誌掲載。

婦人誌「Richesse(リシェス)」夏号の軽井沢特集に掲載して頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20200630160726j:image

 

フランス帰国時から軽井沢DVDワイン会の料理担当をさせて頂き、大変お世話になったYさんに推薦して頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20200630161447j:image

 

パリに居た当時、ワインが好きでまとまった休みがあるといつもブルゴーニュに行っていました。

ブルゴーニュにいつも行っていると現地のガイドさんや料理人、ワイン生産者など、知り合いも増えていきました。

こうした状況で現地のワイナリーガイドの方から紹介して頂き、パリ観光のお手伝いをさせて頂いたのがYさんでした。

その際に「軽井沢に別荘があるので、帰国したら料理を作ってください。」とお話を頂いていました。

当時は社交辞令的な軽いお話だったと思います。

帰国後に独立、開業に向けて準備をしましたが上手くいかず、畑仕事をしながらどうしたものか、、と悩んでいた時にYさんから出張料理の依頼を頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20200630161507j:image

 

そこから大変なワインコレクターでもあるYさんのワイン会の料理を担当させて頂き、ワインとの相性を考えながら地元食材を勉強して地産地消の料理を作り、幾らでも星付きのレストランや料亭を食べ歩いているようなゲストの方々に鍛えて頂きました。

料理出しの後は自分もワインも試飲。

そしてワイン愛好家の方々の色々な人脈を作らせて頂きました。

自分にとっては今の働き方の基礎を作らせて頂いた大恩人です。

 

コロナの問題もありますから、益々軽井沢の出張料理の需要は増えるかと思います。
5、6月とキャンセル続きでしたが、先週辺りから急激に予約が入り始めました。
まだこの先どうなるかは分かりませんが、地元食材で今年のシーズンも最高のおもてなしが出来たらと思います!

 

(写真は取材が出来ない時期だったので、過去の物を使用しています。)