読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

久しぶりのKEIでディナー。

パリ後半戦、最初のディナーは知人夫婦に誘われて久しぶりに「Restaurant KEI」に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20161216021049j:image

 

本帰国前に伺いましたが、色々な面で更に凄くなってました。

 

f:id:monsieur0204:20161216021222j:image

 

こんなプレゼンテーションされたら、頼まない訳にはいかないですよね、、。

 

f:id:monsieur0204:20161216021415j:image

 

この季節なので、白トリュフの組まれたメニューを頼みました。

 

f:id:monsieur0204:20161216021402j:image

 

こちらは圭さんのスペシャリテの野菜の一皿。

 

f:id:monsieur0204:20161216021513j:image

 

白トリュフはシンプルにニョッキと一緒に。

色んな料理に白トリュフをかけている様子を見ますが、やはりこうしたシンプルな粉物やジャガイモ、卵が1番合う気がしますね。

 

f:id:monsieur0204:20161216021735j:image

 

こちらも本帰国前にも頂いた鱸の鱗焼き。

 

f:id:monsieur0204:20161216021824j:image

 

ガリシアの牛肉もこんな素敵な1皿に。

 

f:id:monsieur0204:20161216021926j:image

 

高塚シェフパティシエのデセールも相変わらず秀逸。

 

f:id:monsieur0204:20161216022033j:image

 

ワインは白はロワールのシュナン・ブランに赤は少し古めのボルドー。(写真は撮らなかったです、、。)

ソムリエにデセールと一緒に是非、と言う事だったので、甘いゲヴェルツも頼んでしまいました。

 

f:id:monsieur0204:20161216022309j:image

 

元々は2ツ星レストラン「Gerard Besson」の跡地でしたが、ベッソン氏から圭さんに鍵が渡される日に自分も圭さんに呼ばれて現場に居ました。
調理機材の運び出されたジビエの匂いの付いた何も無い厨房を、圭さんと奥様と3人で掃除をしたのは自分の良い思い出です。
今では凄い厨房ですからね。

久しぶりに圭さんにもご挨拶出来て、凄く美味しくて楽しい夜でした。

ご馳走様でした‼︎

 

f:id:monsieur0204:20161216022902j:image