読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Cloverで食事。

パリ最後のランチはJ.F.ピエージュのセカンド店「Clover(クローバー)」に行ってきました‼︎

f:id:monsieur0204:20151209152712j:plain

場所はサンジェルマン・デ・プレ界隈の路地を入った所にひっそりとあります。
客席と厨房の垣根の無い極端なオープンキッチン。本当に目の前で調理されていきます。(写真は自分の席から。)

f:id:monsieur0204:20151209153053j:plain

盛り台が目の前です。

f:id:monsieur0204:20151209152731j:plain

席の間隔はよくあるパリの人気ビストロですね。
壁側には席を引かないと入れません。

f:id:monsieur0204:20151209152747j:plain

野菜室などの冷蔵庫も一部、目の前にあります。

f:id:monsieur0204:20151209152805j:plain

前菜はマグロのタタキから。
自分は1人だったのでこの盛り方でしたが、2名でもこのお皿に2名分を盛り込んで、取り皿も無く2人で1皿を食べ合うスタイル。フランスにはこういう食べ方は無いですよね、、。

f:id:monsieur0204:20151209152824j:plain

よく熱した石で焼かれたホタテ
席に運ばれた間もジュウジュウと鳴っています。

f:id:monsieur0204:20151209152843j:plain

裏返して貝柱を外して食べます。
自分はもう少し貝殻との接着側も焼きたかったので更に石で焼きました。

f:id:monsieur0204:20151209152859j:plain

根セロリのポタージュ。
パルメザンも入って濃厚な味わい。

f:id:monsieur0204:20151209152917j:plain

本来は魚、肉のチョイスですが、シェフが小ポーションでお魚も出してくれました。

f:id:monsieur0204:20151209152933j:plain

肉は鶉でした。
鶉1羽分が盛られているので、ボリュームもありました。

f:id:monsieur0204:20151209152951j:plain

フロマージュまで頂き、、

f:id:monsieur0204:20151209153011j:plain

デザートはチョコレートの一皿。

流石にピエージュのお店ですからビストロですが料理も美味しくて、洗練されていてコスパ高いです。
この日もアッと言う間に満席で、その人気ぶりが伺えますね。

パリ最終日に素敵なランチを頂けて、大満足でした!

f:id:monsieur0204:20151209153031j:plain