読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Restaurant Soで食事。

フランス旅行。 フランスのレストラン。
ディジョンの「Restaurant So」に行ってきました‼

昨年食事してから、今年も来たかったお店。今年の目的はスイスワイン「Gantenbein(ガンテンバイン)」でしたが売り切れでありませんでした、、。(来年の楽しみに取っておきます。)
目的のワインも無かったので、料理同様ワインもシェフの創さんのお任せでお願いしました。

f:id:monsieur0204:20140508225744j:plain

アミューズにフォアグラを出して頂いた後はRognon(腎臓)。自分はロニョンは苦手なんですけどとても美味しい。

f:id:monsieur0204:20140508230129j:plain

白ワインは「Savagnan 2009」(Chateau de Chavanes)

FBに載せると友人のソムリエから「Juraっぽく無いブルゴーニュスタイルの新生Jura‼」との事でコメントがありました。
ブルゴーニュに拘らず、こうした造り手をしっかり押さえているのがさすが創さんだと思います、、。

f:id:monsieur0204:20140508225810j:plain

クレソンのブルーテ。中にはフォアグラの入ったラビオリが。

f:id:monsieur0204:20140508225830j:plain

魚の後は肉。調理は創さん1人ですが、どのお皿も丁寧に作られていてとても美味しい。

f:id:monsieur0204:20140508231051j:plain

赤ワインは「Spat-Burgunder Trocken 2002」(Bernhard Huber)

ベルンハルト・フーバーはドイツ・バーデン地区を代表するPinot Noirの造り手とか。(この造り手もFB経由で友人のソムリエに教えて頂きました。)
スイスのGantenbeinもそうですが、ドイツまで行って買い付けてくるとか。
こうしたワインの情熱は本当に学ぶべきところです。(ブルゴーニュだけみたいな人もたくさん居ますしね。)

f:id:monsieur0204:20140508225900j:plain

フロマージュ。友人はバナナケーキにエポワース。(友人のお気に入りw)

f:id:monsieur0204:20140508225936j:plain

デザートまでしっかり頂きました。

f:id:monsieur0204:20140508232153j:plain

最後に創さんから1杯頂きました。

値段も手頃でワインは充実。本当に満足度の高いお店です。
来年も是非伺いたいですね。

創さん、ご馳走様でした‼