読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

急ピッチで畑仕事。

4月はほぼ農家モードです。

 

f:id:monsieur0204:20170421225716j:image

 

白馬から帰っても色々と打ち合わせなどで畑仕事が遅れていました。

今年は例年より寒い事から、何をやるにもイメージ的には1週間〜10日遅れているのが幸いしました。

 

f:id:monsieur0204:20170421225835j:image

 

久しぶりに動かす耕耘機も好調です。

堆肥を撒いて畑をおこしました。

 

畑の周りでは春の食材が少しずつ顔を出し始めました。

 

f:id:monsieur0204:20170421230023j:image

 

土寄せした独活も顔を出していました。

もう少し土を被せておきます。

 

f:id:monsieur0204:20170421230123j:image

 

少し齧ってみましたが、畑で食べる土寄せした独活が美味いです。

 

f:id:monsieur0204:20170421230203j:image

 

f:id:monsieur0204:20170421230215j:image

 

タラの芽やアスパラも少しずつですが出てきました。

コシアブラはまだですね。

 f:id:monsieur0204:20170421230418j:image

 

少し前の雨で椎茸が急に大きく成り出しました。

 

f:id:monsieur0204:20170421230502j:image

 

この日は網焼きにして醤油でシンプルに頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20170421230545j:image

 

ハーブ畑にも昨年のこぼれ種のディルが生え始めました。

ディルは寒さに強いです。

 

f:id:monsieur0204:20170421230244j:image

 

貴陽などの果樹もGW前には咲きそうです。
大地の緑とタンポポの黄、花の白に空の青、その時期の果樹園の景色は最高に綺麗です。

 

f:id:monsieur0204:20170421230306j:image

 

土をいじり、芽吹いた食材を摘みながらメニューを考える日々。
暖かくなって良い季節になりましたね。(花粉はシンドイですが、、。)