フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

小林シェフ参戦で佐久鯉(濃い)の会。

昨晩は佐久の濃い職人(食人)の集まり「佐久鯉(濃い)の会」に参加してきました。

 

移転、開店を控える信州が誇るニクヤキスト「レストロ リン」小林シェフが初参戦。

 

f:id:monsieur0204:20180420060551j:image

 

お店が始まればお忙しい小林シェフ参戦という事で、自分も少し早い開店祝いも兼ねて蔵からセロスのLa Côte Faron (Deg:23 Fev 2011)を持参。
良いお酒は相応しい場面に素敵な顔触れで飲むに限る。

 

f:id:monsieur0204:20180420060659j:image

 

シャルキュトリーの盛り合わせ。

 

f:id:monsieur0204:20180420060733j:image

 

スープ・ド・ポワソン。

広島出身の大北シェフらしいお店のスペシャリテ

 

f:id:monsieur0204:20180420061159j:image

 

和歌山県産のサワラのミキュイ。

南仏風のソースと出始めたホワイトアスパラ。

 

f:id:monsieur0204:20180420060758j:image

 

ウズラのファルシ

 

f:id:monsieur0204:20180420060829j:image

 

レモン風味のクレームブリュレ

 

「Le Carré(ル・カレ)」大北シェフのお料理もとても美味しく、佐久界隈の素晴らしいシェフの皆さんと夜遅くまで盛り上がりました。

東京からの距離や軽井沢の存在、佐久界隈の食材を考えたら凄く可能性のある土地だと思います。

日本のサンセバスチャン?美食の町、地域?

地方創生も美味しい料理が1番だと思うので、こうした連携をもっと深めて地域を盛り上げていけたらと思います。