フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

ブイヤベースを堪能。

ニース最後の夜ご飯は南仏名物「Bouillabaisse(ブイヤベース)」でした。


f:id:monsieur0204:20150411001231j:plain

友人シェフの仕事終わりを待ってからの夕食だったので、ニースの隣町ヴィル・フランシュ・シュール・メールのお店で頂きました。


マルセイユ、ニースといろいろタイプがあるそうですが、こちらはヴィル・フランシュのお勧めレストランのブイヤベースです。


高級ブイヤベースはスープ、魚別で取り分けてくれるそうですが、頼んだのは一緒の物。


f:id:monsieur0204:20150411001511j:plain


別に運ばれたパンに生ニンニクを擦り付け、ルイユ(ニンニクマヨネーズ)を塗ります。


f:id:monsieur0204:20150411001537j:plain

こんな感じですね。
フロマージュをかけてスープに浸します。
パンがふやけたら突撃。

f:id:monsieur0204:20150411001659j:plain


食べて、飲んでを繰り返し、、。


f:id:monsieur0204:20150411001744j:plain

f:id:monsieur0204:20150411001817j:plain


減ったスープはその都度サービスの方が注ぎ足してくれます。


f:id:monsieur0204:20150411001841j:plain


スープだけはまた満タンです。


後は止めない限りはパン浸す、食べる、スープ注ぐのエンドレスです。

最初は少し足らないかと思う味付けも次第に濃くなって後には満足。

なるほど、本場の食べ方を満喫出来ましたし、とても美味しかったです。


f:id:monsieur0204:20150411001938j:plain


地中海の波の音や海風を感じながら郷土料理を味わうというのは旅人にとっては最高の贅沢ですね。


上辺の観光ではやはり普通の観光客が出来る楽しい旅行になってしまいます。

僕は一応フランス料理のシェフですから、南仏のワイナリーや農園訪問、地元の方が行くお店で食事など、その土地のもっと食い込んだところが見れた事は本当に良い経験になりました。


ニース滞在をコーディネートしてくれた友人シェフに本当に感謝です‼︎