読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

シック・プテートルで食事。

三重県の仕事の打ち合わせで久しぶりに東京に出てきたので、ランチは軽井沢の知り合いソムリエと一緒に八丁堀「CHIC peut-être(シック・プテートル)」に行ってきました。

シェフの生井さんは以前は軽井沢のレストランでシェフをされていた方です。僕がフランスから完全帰国した年までは軽井沢にいらっしゃいました。その後に東京のこのお店に移られた訳ですが、以前から本当に行ってみたかったんです!

打ち合わせ後でラスト・オーダーの時間でしたが、快く入店させて頂きました。
一緒に行ったソムリエの知り合いが生井シェフの友人という事で、特別にシェフお任せコースに!

f:id:monsieur0204:20131228013322j:plain

フォアグラにパシュラン・ド・ヴィクビルとか面白い。

f:id:monsieur0204:20131228013557j:plain

f:id:monsieur0204:20131228013754j:plain

ビスクにはマコンですね。

f:id:monsieur0204:20131228014038j:plain

f:id:monsieur0204:20131228014000j:plain

メインの鹿のポトフにはロゼと赤の2種類。

f:id:monsieur0204:20131228014105j:plain

リンゴのタルトにはカルヴァドス。

料理8品に対して8杯のグラスワイン。実は途中にイタリアのソアーヴェも出ていて、その場で臨機応変にグラスワインを選んでくれたサービスの星さんのセンスが素晴らしかったです。

実は生井シェフは僕のフランス時代からのブログかTwitterを見ていたそうで、僕の事をよく知っておられましたw僕のリアル履歴書がこんな形で役に立つとは思いませんでした。

料理も凄く美味しくて、コスパが最高です‼︎
また東京に来る際は夜に伺おうかと思います。ご馳走様でした‼︎