読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

真夜中のお疲れブラインドワイン会。

フランス旅行。

ボーヌ滞在中に仕事終わりのお疲れワイン会に参加してきました。

先ずはお店のスタッフの方々と泡で乾杯。

 

f:id:monsieur0204:20161128004038j:image

 

ここからはお店の食事を摘みながらのブラインドワイン会です。

 

先ずは白ワインから。

 

f:id:monsieur0204:20161128004115j:image

 

皆がちょっと良いシャサーニュ・モンラッシェなどと間違えたのはマルク・コランのサン・トーバン'13。

やはりこの人のワインはクオリティ高いですよね、、。これは値段を考えてもお買い得ですね。

 

次は赤。

 

f:id:monsieur0204:20161128004135j:image

 

ルーミエのブルゴーニュ・ルージュ'13。

 

むしろ村名よりも生産本数が少ない為に、滅多にお目にかかれないルーミエのACブルゴーニュ。

実はこのヴィンテージの前後のルーミエはあまり評判が良く無いらしく、このワインのコメントも芳しく無かったです、、。

普段なら「流石、ルーミエ!」となる筈ですが、現地情報や実際に飲んでみると色々見えてきます。

美味しいんですけど、少しルーミエに過剰な期待をし過ぎていたのかもしれないですね。

 

まだ飲み足りないという事で追加融資。

 

f:id:monsieur0204:20161128004201j:image

 

シモン・ビーズのサヴィニィ1er cru'08。

こちらは文句無しの素晴らしい出来栄え。

2008年のワインの飲み頃を掴み切れていないのですが、そろそろ1級畑なら出してみても面白いかもしれないですね。

 

仕事終わりからブラインドで飲みながら、久しぶりに会った懐かしい方々とたくさん話して、とても楽しい夜でした。

楽し過ぎて、気付いたら朝の7時になっていました、、。

 

本帰国しても、こうして毎年迎えてくれる友人、知人がフランスにいるというのは有難い事ですね。

 

自転車でコート・ド・ボーヌを走る。

フランス旅行。

この日は天気が回復したので知人に自転車を借りて畑を回ってきました。

 

友人の自転車が不調につき、ボーヌ前のレンタル自転車を借りようと思ったのですが、冬季はお休みでした。

この寒い時期に自転車を借りて走ろうなんて人はなかなかいませんよね、、。

後に友人の自転車を修理して頂いて準備完了。

 

f:id:monsieur0204:20161125025314j:image

 

天気予報とは違って、有難いことに快晴です。

オテル・デューも映えますね。

 

f:id:monsieur0204:20161125025540j:image

 

実はボーヌ到着時の天気予報はこんな感じでした。

雨男では無いんですけど、まさか雪マークまで付くとは思いませんでした。

 

f:id:monsieur0204:20161125025709j:image

 

先ずは近くのカフェで腹ごしらえ。

いつものカフェとクロワッサン。

 

f:id:monsieur0204:20161125025833j:image

 

日本にいても朝食はあまりご飯を食べれない人なので、毎朝、こうして香ばしいクロワッサンが食べれるのは嬉しいです。 

これがいつものフランス生活でしたから、とても懐かしいです。

 

f:id:monsieur0204:20161125030140j:image

 

この日はCôte de Beauneにしました。

コート・ドールというワインの産地をボーヌで北南に分けた際にコート・ド・ボーヌは南に位置します。

ボーヌ駅から自転車を積んでムルソーに向かいます。

 

f:id:monsieur0204:20161125030253j:image

 

ムルソー駅に到着。

 

ボーヌからムルソー駅は1駅ですが、以前にボーヌからムルソーまで自転車で行ったら、それだけで疲れてしまいました。

普段から鍛えている方なら大丈夫だと思いますが、ここは体力温存して行きだけは電車を使いました。

 

f:id:monsieur0204:20161125030508j:image

 

ムルソー村を出る頃には微妙な空模様に。

ブルゴーニュは天気予報が当てにならない位に変化しますからね、、。

 

f:id:monsieur0204:20161127012724j:image

 

ムルソー村を抜けてピュリニーモンラッシェ村に向かいます。

 

f:id:monsieur0204:20161127012820j:image

 

この十字架の地点で右に右折。

ジュヌヴリエールの畑を抜けて行きます。

 

f:id:monsieur0204:20161127012927j:image

 

うっかりしたのは畑の地図を忘れた事。

あまり位置関係は詳しくは無いので、以前頭に入れた地図をなぞりながら進んで行きます。

 

f:id:monsieur0204:20161127013134j:image

 

所々に畑の名前がありますから、それも参考にしながらですね。

ジュヌヴリエール、ペリエールと続いて、小さな森を抜けるとすぐにグラン・クリュのモンラッシェの畑です。

 

f:id:monsieur0204:20161127013325j:image

 

森を抜けて、ここまで来ればあと少しでグラン・クリュの畑です。

 

f:id:monsieur0204:20161127013425j:image

 

モンラッシェの畑に到着。

この辺りから天気も回復してきました。

 

f:id:monsieur0204:20161127013515j:image

 

ここから上に登るとシュヴァリエ・モンラッシェの畑です。

いつもの行事ですが、ここでお昼ご飯です。

 

f:id:monsieur0204:20161127013636j:image

 

まだ走るので、ボーヌで購入したサンドウィッチを簡単に食べます。

ただ、こんな食事もモンラッシェの畑を眺めながらだと何とも贅沢。

今年のモンラッシェの畑の実情を知っていますと、色々考えますけどね、、。

 

 f:id:monsieur0204:20161127014154j:image

 

ランチを終えたらシャサーニュ・モンラッシェ村に向かいます。 

ちょうどモンラッシェの畑の横を通る頃に晴れ間が出て素晴らしい景色が広がりました。

 

f:id:monsieur0204:20161127014326j:image

 

f:id:monsieur0204:20161127014349j:image

 

f:id:monsieur0204:20161127014412j:image

 

f:id:monsieur0204:20161127014512j:image

 

f:id:monsieur0204:20161127014445j:image

 

少し小雨の後だったので、水滴が陽の光に照らされて黄金色に輝きます。

フランス時代にもこの時期のブルゴーニュには来れなかったので、正しく「Côte d'Or(黄金の丘)」の名に相応しい景色でした。(実際は少し時期的には遅いんですけど、、。)

 

f:id:monsieur0204:20161127014634j:image

 

1度は飲んで見たいルフレーヴのモンラッシェの畑の横で。

 

f:id:monsieur0204:20161127014815j:image

 

1番シャサーニュ・モンラッシェ村寄りの畑がコント・ラフォン。

僕がブルゴーニュを好きになったきっかけのワインの畑なので、何だか感慨深いです。

 

f:id:monsieur0204:20161127015015j:image

 

ここから折り返しで元来た道をムルソー村まで戻ります。

 

f:id:monsieur0204:20161127015112j:image

 

ムルソー村の中心地。

この辺りに来ると少し雲行きも怪しくなって来ましたが、何とかセーフ。

 

f:id:monsieur0204:20161127015216j:image

 

意識的に北側を登りながら、こちらの交差点まで来ます。

ここからヴォルネイ村まではほぼ下り坂なので、自転車で一気に下ります。

登るのは大変なんですけど、この下りが凄く爽快なんです。

 

f:id:monsieur0204:20161127015445j:image

 

一気にヴォルネイ村に到着。

 

f:id:monsieur0204:20161127015528j:image

 

少し村の中を散歩したら、今度はポマール村に向かいました。

 

f:id:monsieur0204:20161127015904j:image

 

ポマール村に到着。

ここまで来ればボーヌまであと少しです。

 

f:id:monsieur0204:20161127020001j:image

 

クロ・ゼプノーなどのポマール1級畑を眺めながら、北に向かい、並木道を抜けるとボーヌの街です。

 

f:id:monsieur0204:20161127020152j:image

 

普段から鍛えていないので、この頃には足がパンパンです。

来年はフランスに来る前に少し慣らしてこないといけませんね。

 

次の日も晴れたので、Côte de Nuitsの畑をグラン・クリュ中心に回ってきました。

次回以降で書いていきたいと思います。

 

f:id:monsieur0204:20161127020305j:image

 

ボーヌに到着。

フランス旅行。

フランス2日目は朝からブルゴーニュに移動しました。

 

f:id:monsieur0204:20161120235629j:image

 

無事にボーヌに到着。

 

f:id:monsieur0204:20161120235654j:image

 

馴染みのワイン屋に寄ったら、少し古いドーヴィサがあったので早速購入しました。

ブルゴーニュの値段が高くなったと言いましてもシャブリは他に比べたら安いですし、シャブリの大御所ラヴノーやドーヴィサは10年は寝かせないと本領を発揮しません。

10年熟成のドーヴィサなんて普通は買えませんから、まとめて購入しました。

 

f:id:monsieur0204:20161120235958j:image

 

他も回りましたが、欲しいワインばかりです、、。

 

f:id:monsieur0204:20161121000046j:image

 

小腹が空いたので、ブルゴーニュ時代に行った懐かしのロイヤルバーガー。

ハンバーガーですが下はピザ、ポテトまで中にインしたジャンキーな食べ物。美味しいとかより、とにかくお腹一杯になりますw

あまりテイクアウトの無いボーヌでは貴重なお店です。

とにかく懐かしい、、。

 

f:id:monsieur0204:20161121000513j:image

 

少し街中を散歩してブルゴーニュ初日は終了。

次の日からは知人に自転車を借りて、コートドール(黄金の丘)を走り回りました。

 

今年もワイン回収。

フランス旅行。 仕事。

フランス初日は自分の分でキープしてあるワインの回収に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20161118174203j:image

 

まさかのコシュデュリのシュヴァリエール'13。

少し高かったのですが、あまり日本ではお目にかかれないのでとりあえず購入しました。(日本の値段よりは遥かに安いです。)

 

f:id:monsieur0204:20161118174420j:image

 

今年は赤も売ってくれたのですがコシュデュリはあまり本数が買えませんでした。

2014年は本当に入荷本数が少ないみたいです。

 

f:id:monsieur0204:20161118174602j:image

 

足らない分はルーロを売ってくれるという事で補填。

むしろ味わい的には今はルーロの方が上だと思っているので嬉しかったです。

 

f:id:monsieur0204:20161118174734j:image

 

次週にはルーミエとラヴノーの今年リリースのミレジム(2014年)が届く筈でしたがフランス滞在中に届かず。

お詫びでは無いですが13年のモンテドトネルを2本売って頂きました。

 

しかし、ブルゴーニュは値段が高くなりましたね、、。

 

初日のパリは1日中ワイン回収でした。

前半のパリはこの1日だけで、ブルゴーニュに移動しました。

次からはブルゴーニュの記事を書いていきます。

フランスに出発。

フランス旅行。

今年もフランス旅行に行ってきました。

今回は軽井沢の終わりと白馬の始まりの間という事で11月上旬に2週間だけ行ってきました。

 

日程的に厳しかったので、今回はパリとブルゴーニュのみです。

 

f:id:monsieur0204:20161118024138j:image

 

アクシデントで今回はビジネスクラスにアップグレードして頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20161118024232j:image

 

広々のスペースに大きなテレビ。

今話題の「君の名は」や「シンゴジラ」、映画版「深夜食堂」などを観ながら時間を過ごしました。

 

f:id:monsieur0204:20161118024439j:image

 

食事はフランスや日本で活躍されているトップシェフが監修。今回は山田チカラシェフのお料理を頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20161118024605j:image

 

こちらが前菜です。

 

f:id:monsieur0204:20161118024701j:image

 

こちらはメインで自分はお肉を選びました。

 

f:id:monsieur0204:20161118024758j:image

 

勿論、デザートも。

 

ビジネスクラスはオーストラリアにバックパッカーをする為に行く時に、オーバーブッキングでして頂いた以来です。

フランスまでの12時間、凄く快適に過ごさせて頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20161118025020j:image

 

大量の荷物も引き取って、この日のホテルに向かいます。

 

f:id:monsieur0204:20161118025129j:image

 

日本を出たのが昼頃でパリ到着は夕方です。

空港のバス停でなかなか来ないバスを待っていましたが、さすがに陽が落ちるとパリも寒かったです、、。

 

次回から2週間のフランス旅行を書いていこうと思います。

 

フランス前に出張料理。

仕事。 出張料理。

フランス旅行前に軽井沢に出張料理に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20161118011939j:image

 

10月の出張料理は同じ内容で少しずつ訂正しながら出しています。

アミューズは鯉のブランダードとビーツのタルトレット。

 

f:id:monsieur0204:20161118012140j:image

 

冷前菜は八千穂漁業さんの大岩魚とGoldenGreenのカブ。東御の根菜色々。

 

f:id:monsieur0204:20161118012318j:image

 

馬肉を挟んだ玉ねぎのロースト、天然キノコのコンソメ。

 

f:id:monsieur0204:20161118012556j:image

 

初めてのお宅では定番の中野産SPFポークの低温ローストと東御産白土馬鈴薯と青梗菜。

 

f:id:monsieur0204:20161118012748j:image

 

今回は初めての電磁調理器のお宅でした。

火が見えないので、慣れないと電磁調理器は難しいですね。

中々上手くいかずに悪戦苦闘でした、、。

 

毎回そうですが、その場のキッチンの状況で出来る、出来ないを判断しながら作ります。
お店の調理場では無いので、そこは臨機応変です。自分の引き出しと相談しながらやれば、案外何とかなるものです。

 

とりあえず12月の1件を覗いて今年の軽井沢の仕事は終了。

次回からフランス旅行の記事を書いていきます。

 

久しぶりに塩尻訪問。

信州の日常。 信州のワイナリー。

久しぶりに塩尻のワイナリー巡りをしてきました。

 

東京のワインショップ店員の友人の依頼で車を出してきました。先ずは桔梗ケ原の老舗ワイナリー3軒を訪問しました。

 

f:id:monsieur0204:20161109170315j:image

 

こちらは井筒ワインさんです。

 

f:id:monsieur0204:20161109170430j:image

 

入って右手に無料の試飲コーナーがあります。

 

f:id:monsieur0204:20161109170454j:image

 

既に試飲可能な2016年のワイン。

巨峰などは収穫が速いからでしょうか⁇

 

f:id:monsieur0204:20161109170855j:image

 

こちらは信濃ワインさんです。

 

f:id:monsieur0204:20161109170921j:image

 

老舗らしく、かなりのオールドヴィンテージも購入可能です。

飲んで美味しいとも思えませんが、日本のワイン造りの歴史を飲むと考えれば面白いかもしれないですね。

 

f:id:monsieur0204:20161109171105j:image

 

こちらは五一わいんさんです。

 

f:id:monsieur0204:20161109171034j:image

 

五一わいんでは畑も散歩しながら回りました。

訪問時では葡萄は2日前に全て収穫を終えたそうですが、作業中のおばちゃんに甘いナイアガラを大量に頂いてしまいました。

ナイアガラは香りがたまらないですね。
今年は多雨で葡萄が病気がちだったみたいですが、どんなワインに仕上がるのか楽しみです。

 

f:id:monsieur0204:20161109180406j:image

 

五一わいんの畑にある樹齢50年以上の古樹です。

下から見るとハートに見えなくもないかな。

意外と好きならスポットです。

 

f:id:monsieur0204:20161109180542j:image

 

この日は天気にも恵まれて、気持ち良く畑を回る事が出来ました。
久しぶりの塩尻でしたが、やはり畑回りは楽しくて仕方ないですね。