読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

雨の上高地。

信州の観光地。
安曇野の後は平湯で一泊して上高地に行ってきました。

平湯から出ているバスに乗り換えて向かいます。
最初のバスの停留所「大正池」で降りて上高地に向かいます。(ここからは1時間ほど歩きますが、停留所「上高地」もあります。)

f:id:monsieur0204:20130703071054j:plain

大正4年(1915年)に焼岳の噴火によってせき止められて誕生した池です。
水面の枯れ木が佇む風景が何とも奇観です。

ここから1時間ほど山路を登って行くのですが、深緑や流れる清流がまた綺麗でした。

f:id:monsieur0204:20130703071427j:plain

これは大正池の脇ですね。数日前に大雨だったのですが、全然濁っていないです。

f:id:monsieur0204:20130703071539j:plain

天気予報は曇りのち晴れだったのですが、途中から大雨。山の天気は変わり易い、、。

f:id:monsieur0204:20130703071830j:plain

足元が滑り易かったので、注意しながら登って行きました。

f:id:monsieur0204:20130703071948j:plain

半ばで梓川にぶつかるので、そこからは川沿いを登って行きます。

f:id:monsieur0204:20130703072801j:plain

f:id:monsieur0204:20130703072825j:plain

川沿いをしばらく歩くと上高地のシンボル「河童橋」が見えてきます。

f:id:monsieur0204:20130703073031j:plain

梓川にかかる木の吊り橋で、本来は記念写真の絶好のポイントなのですがあいにくの雨。

f:id:monsieur0204:20130703073257j:plain

穂高連峰や焼岳も微妙に隠れています、、。

f:id:monsieur0204:20130703073408j:plain

それでも上高地は初めてでしたし、どんな場所かは分かったので今度は最高の天気の時に来たいと思います。