フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Domaine Marc COLIN et Filsを訪問。

ドメーヌ訪問3軒目はサントーバンの「Domaine Marc COLIN et Fils」に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20181124013734j:image

 

いつも自分移動では自転車だったので、サントーバンに来たのは実は初めて。

(大抵、モンラッシェ・グランクリュの畑を見たら、帰ってしまいます。。)

 

f:id:monsieur0204:20181124013910j:image

 

道を挟んで谷になっていますから、左右で全く傾斜の向きが違いますね。

 

f:id:monsieur0204:20181124014045j:image

 

ブルゴーニュブランからモンラッシェまで'17を9キュヴェ+'16を2キュヴェ試飲。

 

f:id:monsieur0204:20181124014128j:image

 

まさか希少なモンラッシェまで出してくださるとは思いませんでした。

感謝ですね。

 

f:id:monsieur0204:20181124014246j:image

 

1er cruの畑は、試飲する度にその場所と特徴を教えてくださいました。


f:id:monsieur0204:20181124014336j:image

 

先にも書きましたが、道を挟んで傾斜が谷型になっているのと、シュヴァリエ・モンラッシェに隣接した畑まであります。

サントーバンがプティ・モンラッシェと呼ばれる由来かと。


f:id:monsieur0204:20181124014348j:image

 

試飲室にこうした土壌の展示もある位、サントーバンの中でも畑の位置で土壌が変わります。


f:id:monsieur0204:20181124014323j:image


f:id:monsieur0204:20181124014257j:image


f:id:monsieur0204:20181124014310j:image

 

こんなにサントーバン1er cruの畑の位置を意識しながら飲んだ事が無かったので、大変勉強になりました。

 

f:id:monsieur0204:20181124015121j:image

 

余談ですが、ビールも造っているそうです。

さりげなく棚の上段に飾ってありました。

 

f:id:monsieur0204:20181124015033j:image

 

初めて来たサントーバンのドメーヌがマーク・コランだったのも良かったかもしれないですね。

沢山の畑を所有しているからこそ、試飲も全く性質が変わって比べられて楽しめました!

 

f:id:monsieur0204:20181124015518j:image