読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

開田高原のバター。

仕事。 信州の観光地。
フランスから帰国した人が1番ガッカリする食材がバターかもしれない。
自分が帰国して働いた軽井沢のお店でもガッカリしたものです、、。

近所の牧場なども回りましたが、牛乳、ヨーグルトやチーズはあるのですがバターはありませんでした。大手メーカーの規模で作らないと採算が合わないみたいです。

無いバターを使うよりもバターを使わない料理を考えれば良いのですが、フランス料理を作る上でやはりバターは欠かせない。少量でも国産で良い物を探していましたがなかなか見つかりませんでした。

先日、たまたま見た雑誌に県産のバターがあるという記事を見つけたので、木曽の開田高原に行ってきました。

f:id:monsieur0204:20130623173303j:plain

販売されている「開田高原アイスクリーム工房」にお邪魔しました。
てっきり大きな牧場に牛がいて、横の建物で加工品を作るみたいな光景を想像していましたが全然違いました。
そもそも、この辺りの牧場というのは馬だそうです。さすが木曽義仲の土地ですね。

この日は作業を行っていませんでしたが、併設の建物でガラス越しにバターなどを作るところを見る事ができます。

f:id:monsieur0204:20130623174748j:plain

お話を伺った後はバターとチーズなどを購入して帰ってきました。

f:id:monsieur0204:20130623173921j:plain

中沢フーズで購入できるボルディエのバターより少し安いくらい。ですが、出来れば土地の物で揃えて料理した方がまとまりがあると思うので考えますね、、。

これからも出来るだけ県産の素晴らしい食材を探していきたいと思います。