フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

蜂の子を採取。

近所の大工さんと朝から地蜂の巣を採ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20201002181938j:image

 

害虫駆除では無く、長野県の珍味「蜂の子」を食べる為です。

 

この時期は飛んでいる蜂を見つけては巣穴を探して回り、人に見つからないように採るのが地域の恒例行事。

こちらは地面の中に巣を作る地蜂。

 

f:id:monsieur0204:20201002182024j:image


穴に煙幕を突っ込んで気絶させ、動きが遅いうちに掘り出して撤去します。

周りに飛んでいますが帰ってくる蜂は攻撃しません。

巣から飛び立つ蜂は刺してきます。(こちらは気絶中)

 

f:id:monsieur0204:20201002182207j:image

 

こちらは掘り出す前の状態。

 

f:id:monsieur0204:20201002182301j:image

 

輪っか状の物が層になっているので、それぞれに分解。

 

f:id:monsieur0204:20201002182355j:image

 

気絶している成虫だけを起きる前に外で払って、後からピンセットで取り出します。

成虫も起きた頃には巣は何処えやら。


かなり奥にあったので巣を見つけるのに時間がかかり、気絶した蜂が起き始めて少し危なかったのですが、無事に今シーズン最初の巣が採れました。

 

f:id:monsieur0204:20201002182722j:image

 

取り出した蜂の子は醤油ベースで煮て完成。

長野の珍味、出張料理でご希望があればお持ち致します(笑