フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

8月のワイン購入。

夏の仕事も少し落ち着いたので、預けてあったワインを頂きに行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20200909101131j:image

 

忙しい日の合間を縫っての城戸さんのワインの購入は8月の大事な仕事です。

以前は馴染みの酒屋さんを県内中回って購入していました。

普通に店頭に並んでいて、当時は販売日から1週間くらいでも購入出来たと思います。

 

f:id:monsieur0204:20200909100250j:image

 

目的のワイン以外にも色々と出して頂きました。

貴彦さんのワインは何本あっても嬉しいです。

 

f:id:monsieur0204:20200909100331j:image

 

小布施ワイナリーさんのプティマンサン'19(甘口)


f:id:monsieur0204:20200909100334j:image

 

小布施ワイナリーさんのイレギュラーなワインは、いつの間にかシレッと販売されているので常にチェック。

 

今回も沢山のワインを購入出来ました。

貴重なワインばかり、感謝感謝です。。

 

沢山購入したといっても、やはりお店で販売するには少な過ぎます。

やはりこうしたワインは何かのイベントで定期的に消費する位のペースが良いかもしれません。

 

出張料理のワイン消費ですが、軽井沢のお客様は余程日本ワインに詳しい方で無いと要望はありませんし、イベントでお出ししていた分も現状ではワイン会などは出来ないので出せません。

(上田市のコロナのクラスターで、東信の現状では地元ワイン会も難しい、、。)

オリンピック需要も見込んでの少し熟成した日本ワインも沢山ありますし、何とか美味しく飲んで頂ける方法を考えたいものです。