フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

下拵えから出張料理。

今回の出張料理は「自宅にある塊の肩ロースを焼いて欲しい。」という事で。

 

f:id:monsieur0204:20200721215828j:image

 

たまたま以前から焼いてみたかった豚肉でしたので、現場で下拵えからやらせて頂きました。

火入れ時間は2時間弱だったでしょうか。

シットリした火入れだと真空調理と間違われるのですが、余程の大人数かオーブンが無いなどの理由が無い限りはオーブンで焼きます。

 

f:id:monsieur0204:20200721215945j:image

 

冷蔵庫から出して常温に戻す時間だけ指定して、到着時から下拵えをして焼いてロースト。
お客様的には目の前で筋などを取ったり脂に切り込みを入れたりといった下拵え。その後の焼き方や自宅のオーブンレンジを使った火入れが見れて楽しかった様子です。

最初からずっと凝視されての出張料理は初めてでした(笑

 

ローストは料理人の腕の見せ所で、家庭のキッチン設備でどれだけ家庭料理と違うクオリティーでお出しできるか。

あれだけ喜んで頂けたら、仕込みも見せてしまう出張料理サービスも有りだと思いました。

まるで個別の料理教室ですね。

 

料理が美味しいのは当たり前で、出来る過程なども分かれば更に充実した食事になるかと思います。

出張料理でレストランのような調理やサービスは難しいと思いますが、出張料理でしか出来ない事もあると思います。

自宅、別荘で料理人が仕事をしたらどうなるかも面白いと思いますし、出張料理サービスの可能性をもっと拡げていけたらと思います。