フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

花山椒が始まる。

花山椒が始まりました!

 

f:id:monsieur0204:20200507001706j:image

 

クレソン山菜鍋販売当初から花山椒の要望は沢山頂いていました。

都市部で食べるととんでもない金額ですからね、、。

 

昨年が5月12日だったのと目安の庭の花山椒が咲いていたので、山に様子を見に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20200507001805j:image

 

 

山道手前は頃合い、奥はもう少しでしょうか。

手前から採り始めて、後半の注文にも対応出来そうです。

 

f:id:monsieur0204:20200507001903j:image

 

様子を見に行っただけなので、自分のお遊び分だけ摘んできました。

しかし小さくて軽いので、頑張っても大した量になりませんね。

 

f:id:monsieur0204:20200507001952j:image

 

道は昨年の台風でかなり流されていますね、、。

川みたいな溝は元は軽トラックが通れる道でした。

山菜摘みや登山客が遭難して、コロナ対策で忙しい現場の迷惑を掛けるなんて話も聞きますから、あまり奥までは行きませんでした。

 

f:id:monsieur0204:20200507002107j:image


折り返し地点に到着して、昨年より樹が無くなっている事に気付きました。

この辺りまでに最低でもこの位の本数は見て採っていたよね、、とは普通に思いました。
沢山採れる収穫頭の何本かが無くなっていたのが痛い。
昨年より収穫量は減ってしまいそうです。。

 

f:id:monsieur0204:20200507002240j:image

 

気を取り直して、いつもの場所でコゴミを収穫。

こちらは土砂が流れ込んであまり生えていませんでした。

 

f:id:monsieur0204:20200507002413j:image

 

また沢山採れるように、今年はあまり採らない事にしました。

意外と土砂の間から小さな芽が出ていましたから、回復は早いかもしれないです。

 

コロナ騒ぎの中でも自然はいつものように季節が移っているのを感じます。

仕事もキャンセルだらけですが、クヨクヨしていても仕方がありません。

出来るだけ良い状態で、この食材を待つお客様に届けられたらと思います。