フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

今年のブルゴーニュ滞在。

ボーヌからディジョンに向かう帰り道にロマネ・コンティの畑に寄って、これでもかとベタな写真を撮ってみました。

 

f:id:monsieur0204:20191203223958j:image

 

お約束の十字架で1枚。

 

f:id:monsieur0204:20191203224032j:image

 

ロマネ・コンティのプレートの前で1枚。

 

いつもは1人行動なので、意外とこういう写真を持ち合わせていないんですよね、、。

 

f:id:monsieur0204:20191203224128j:image

 

この日はちょうど馬で土を起こしている最中でした。

こちらの畑では初めて見ましたね。

 

f:id:monsieur0204:20191203224338j:image

 

時間があったので、車ではなかなか入れないクロ・パラントゥの畑にも寄りました。

 

f:id:monsieur0204:20191203224249j:image

 

ロマネ・コンティの上、ラ・ロマネの畑の上から歩いて向かいます。

ちょっと手前で1枚。

奥で土の色が変わっている場所が、馬で耕作中のロマネ・コンティの畑。

 

f:id:monsieur0204:20191203224617j:image

 

今年もかなりの房が残っていました。

栄光の3日間の後だったのでもう食べても美味しくないだろうと思いましたが、まだまだ美味しく食べれましたね。

 

f:id:monsieur0204:20191203224812j:image

 

前日のブルゴーニュ最終日はボーヌの和食「Bissoh(ビソウ)」さんでブルゴーニュのワイン生産者が集まってのブラインドワイン会に参加しました。


f:id:monsieur0204:20191203224820j:image


f:id:monsieur0204:20191203224808j:image


f:id:monsieur0204:20191203224823j:image


f:id:monsieur0204:20191203224816j:image

 

ご自身のワインやバカンス中に購入したハンガリーのワインや試飲したばかりのメオ・カミュゼ。

ナントとラ・ロシェルの塩の産地で造られるワインなど、面白過ぎました。

いつも思いますが世界で活躍する日本人の方々は本当に素晴らしいですし、話を聞いていて刺激にもなります。

 

今年も最高に充実したブルゴーニュ滞在でした!

 

(次からはデンマークです。)

 

f:id:monsieur0204:20191206215925j:image