フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

1959年ワイン会に参加。

ブルゴーニュの立派な邸宅で開かれた「59年ワイン会」のケータリングに同行させて頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20191128002211j:image

 

こちらのワインが全て1959年。

勿論、駄目な物もありますが、ビックリするくらい素晴らしい物も。

あまりキッチンやその様子を載せられないので、ワインの写真だけ。

 

最初のクリュッグも'59。

泡もしっかり残っていました。

 

f:id:monsieur0204:20191128002440j:image

 

ラフォンのクロ・ド・ラ・バールですが、こちらは'69。


f:id:monsieur0204:20191128162721j:image

 

グラン・エシェゾー'59(DRC)


f:id:monsieur0204:20191128002658j:image

 

ラフォンのヴォルネイ'69。

こちらは完全に逝っていました。


f:id:monsieur0204:20191128002436j:image

 

ボンヌマール'59(ヴォギュエ)


f:id:monsieur0204:20191128002417j:image

 

意外だったのが、スペインのウニコ'59までありました。

こちらは以前に1922年を飲んだ事がありましたが、まだ全然寝かせられました。

完全に長期熟成に耐えられるのが素晴らしい。


f:id:monsieur0204:20191128002443j:image

 

シャトー・マルゴー'59


f:id:monsieur0204:20191128002701j:image

 

シャトー・ラトゥール'59


f:id:monsieur0204:20191128002428j:image

 

シャトー・オー・ブリオン'59


f:id:monsieur0204:20191128002654j:image

 

こちらはセカンド。

 

こちらまでの5代シャトーのワインが若過ぎて、むしろ怪しいくらい。

仮に蔵出しでも'59であんなに若々しいかな、、。

中身が違っても、美味しかったんですけどね。


f:id:monsieur0204:20191128002451j:image

 

ペトリュス'59


f:id:monsieur0204:20191128002431j:image

 

ドイツのエゴン・ミュラー'59まで。

実はこちらが1番美味しかったです。


f:id:monsieur0204:20191128002424j:image

 

シャトー・ラフィット・ロートシルト'59

 

こちらはマグナムで。

貴重なワインが沢山試飲出来ました。

 

他の方々の出張料理を間近で見ないので、その点も勉強になりましたね。

本当に良い経験が出来ましたし感謝です。

凄いワイン、ある所にはあるんですね、、。


(写真は一部です。)