フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

パリのランコニュでワイン会。

昨日買い込んだ食材を持ち込んで、自分が在籍時のPassage53メンバーが集まって檜垣さんの「Restaurant L'inconnu(ランコニュ)」でワイン会!

 

f:id:monsieur0204:20191114025308j:image

 

1ツ星から2ツ星に駆け上がる自分にとってもフランス修業の1番充実した時期を一緒に過ごした面々で調理しました。

 

f:id:monsieur0204:20191114025342j:image

 

イエナのジョエル・チボーで購入した野菜。

久しぶりにフランスの野菜と長野の野菜の違いを確認したかったので色々な種類を少量ずつ。

特にカブは確認したかったのですが、これは日本種でしたね。

明らかにフランスのカブと瑞々しさが違いました。

ビーツはアルミに包んでオーブンへ入れ、他の根菜類は1つの鍋で蒸し煮にしました。

 

f:id:monsieur0204:20191114025644j:image

 

こちらのセップは生でカルパッチョにしました。

 

f:id:monsieur0204:20191114025737j:image

 

f:id:monsieur0204:20191114031304j:image


f:id:monsieur0204:20191114031257j:image

 

自分希望で食べたかったデノワイエで購入したフランスの熟成牛肉。

 

f:id:monsieur0204:20191114031239j:image

 

f:id:monsieur0204:20191114025919j:image

 

骨付きの仔牛なんか日本で食べる機会は無いですよね、、。

 

f:id:monsieur0204:20191114030006j:image

 

久しぶりに佐藤シェフに肉焼きのダメ出し(笑)をされましたが、自分の落とし所の違いや肉焼きの考え方は凄く参考になりました。

 

f:id:monsieur0204:20191114030045j:image

 

流石に慣れた手付きの檜垣さん。

 

f:id:monsieur0204:20191114030129j:image

 

先にアペロでビールとシャンパンを頂いて、白はコント・ラフォンのペリエール'03。

 

f:id:monsieur0204:20191114030304j:image

 

赤はデュジャックのクロ・サン・ドニ'11。

若いけどめちゃくちゃ美味い。

昨年同様、素晴らしい蔵出しワインの状態に驚かされたり。

 

f:id:monsieur0204:20191114030433j:image

 

本当にパリ時代に戻ったような楽しいひと時でしたし、活躍している皆に負けないように長野で頑張らないといけないなと。

フランスの良さを感じた上で、長野の何が素晴らしいかをもっと追求しないといけませんね。

こうした刺激があるから年1回でもフランスに来ないといけないと思いますし、また来年にもっと良い報告が出来る様に頑張ろうと思います!