フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

パリでワイン会の買い出し。

次の日の飲み会の食材購入に「Passage53」佐藤シェフとイエナのマルシェとユーゴ・デノワイエに行ってきました。

 

パリ「Passage53」で働いていた時代はレストランに行く前にこちらのマルシェのジョエル・チボーさん(ジョエルさんは既に引退。)で食材を購入して出勤していました。

懐かしい。。

 

f:id:monsieur0204:20191113204035j:image

 

この時期なので根菜類中心の品揃えです。

 

f:id:monsieur0204:20191113204228j:image


f:id:monsieur0204:20191113204224j:image


f:id:monsieur0204:20191113204220j:image

 

寒さが厳しくなって甘みの増した葉物類もあったみたいですが、行った時間が遅かったのでかなり無くなっていました。

 

f:id:monsieur0204:20191113211215j:image

 

ハーブ類もこんなにたくさん。

日本みたいに少しパックに入って数百円のような買い方ではありません。


f:id:monsieur0204:20191113204358j:image

 

花の咲いたコリアンダーも。

こうした食材がマルシェに行くだけであるのがパリのレストランの強みですね。

 

久しぶりにフランス野菜の味わいを確認したくて、色々な種類を少量ずつ購入しました。

 

f:id:monsieur0204:20191113204834j:image

 

デノワイエはそのレストラン時代に使っていたお肉屋さんです。

ジョエル・チボーもデノワイエも星付きレストラン御用達のパリ1番の有名野菜生産者とお肉屋さん。

 

f:id:monsieur0204:20191113204946j:image

 

日本ではなかなか食べれない骨付きの仔牛。


f:id:monsieur0204:20191113204950j:image

 

久しぶりにオーソドックスなパテも食べたかったのでパテ・ド・カンパーニュ。

 

ここまで買い出して、佐藤シェフと分かれて自分の買い物をしました。

 

f:id:monsieur0204:20191113205221j:image

 

パリ時代に自分がいつも購入していたスパイス店が閉店してしまったので、フレンチー横のBIO食材店へ。

 

f:id:monsieur0204:20191113205415j:image


f:id:monsieur0204:20191113211240j:image

 

日本の野菜の直売所ももっとお洒落に出来ないものかといつも思います。

こちらではスパイスも試しに嗅げるので、以前使っていた物に近い混合スパイスを購入しました。

 

他のお店でオイルや塩なども購入。

 

f:id:monsieur0204:20191113205658j:image

 

土曜日夜でどこもレストランの予約をしていなかったので、この日は佐藤シェフと再度合流して昼に買ったシャルキュトリーでゆっくり部屋飲み。

 

f:id:monsieur0204:20191113211245j:image


f:id:monsieur0204:20191113210317j:image

 

忙しいシェフとこんなにゆっくり話す機会も無かったですから良かったです。

 

f:id:monsieur0204:20191113212959j:image


f:id:monsieur0204:20191113212942j:image

 

20代の東京時代にソムリエの資格は取ったのですが、あまりワインの勉強をしていませんでした。

ワインはパリ時代に佐藤シェフに教えて頂き飲みまくりましたが、「今はウイスキーの時代」という事でこちらも。

 

f:id:monsieur0204:20191113210204j:image

 

その後はセグウェイで別のお店に移動して仕事終わりのパリのシェフの方々と飲み。

パリの最前線のシェフのお話は刺激になりました。

 

ちょっと最初から充実し過ぎですね(笑