フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

畑仕事を開始。

白馬から帰って4月は専ら畑仕事です。

先ずは畑の見回りをしましたが、白馬に行っている間に鹿にアーモンドの芽や樹の皮は食べられていました。

 

f:id:monsieur0204:20190409151504j:image

 

こちらが芽。


f:id:monsieur0204:20190409151542j:image

 

皮もしっかり食べられていました。

 

f:id:monsieur0204:20190409151809j:image

 

玉葱も片っ端から食べられました。

 

f:id:monsieur0204:20190409151950j:image

畑に残してあった長葱も、、。

 

昨年まで玉ねぎや長葱なんて食べられなかったんですけど、鹿もグルメになったんでしょうか?

この日は深夜の畑の見回りに行き、4頭の鹿と鬼ごっこを楽しみました。

 

ちょっと鹿の獣害も深刻ですね、、。

 

悪い事ばかりでなく、良い事も。

 

f:id:monsieur0204:20190409152209j:image

 

昨年、アトリエノマドの池田さんに株分けして頂いたキャンディーミントがもう芽を出していました。

さすがに長者原で育った苗だから、耐寒性が増してるのかもしれませんね。

 

f:id:monsieur0204:20190409152303j:image

 

フェンネルやセルフィーユも出ていました。

 

f:id:monsieur0204:20190409152517j:image

 

自分は他の専業農家さんとは違いますから、この時期から苗作りを始めます。

寒過ぎてGWには間に合いませんから、5月下旬の仕事に間に合うように準備して行きます。

 

さて今年は何を育てましょうか。

また何か新しい食材にもチャレンジしてみたいと思います。