フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

富山の種麹店を訪問。

富山巡りの最後は南砺市「石黒種麹店」さんに行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20190402210513j:image

 

北陸で唯一、全国でも僅か10件あまりしかない種麹屋さんで、味噌や酒などに使われる「糀(こうじ)」を作ってらっしゃるとか。

 

f:id:monsieur0204:20190402210611j:image

 

伝統ある立派な店構えですね。

 

f:id:monsieur0204:20190402210546j:image

 

こちらの甘酒を頂きながら、種麹、発酵についてお話を聞かせて頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20190402210819j:image

 

日本の料理業界でも急に発酵が持て囃されていますが、こちらのお話を聞くと何とも安易な技術に思えてなりません。。


発酵と言えば信州だと思っていましたが、他県の素晴らしい生産者を見ていると逆に信州の利点、欠点なども見えてきますね。

今迄は地元信州を知る時間でしたが、もう少し他県も勉強して地元を客観的に見てみても良い時期に来たのかもしれません。

 


2日前に急に思い立って「料理人が行って心踊る所を案内して。」と無茶振りしたにもかかわらず、こうして素晴らしい富山の生産の場を案内してくれた友人シェフに感謝です。

まだ足らないらしいので、また白馬の時間の空きを見ながらお願いしようかと思います。

 

刺激的な富山巡り初日でした。