フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

今年も回収でルーミエ。

今年も恒例のワイン回収に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20181207005647j:image

 

先ずはパリ時代から買っているG・ルーミエとラヴノー。

昨年からまた値上がりした感があるので、そろそろ自分は買えない値段に突入か、、とも思いましたが、今年はそれ程でもありませんでした。

ブルゴーニュの方々に聞いても、ルーミエのシャンボール'16は生産本数が少ないという事で入手困難らしいです。

今年も無事に購入する事が出来ました。


f:id:monsieur0204:20181207015259j:image

 

他の人気ドメーヌのワインが軒並み値上がりする中で、ラヴノーは前からそれ程変わりません。

Grand cruまで購入可能な価格なので、安心して購入出来ます。

 

他にはコシュ・デュリ、ルーロ、ミュニエなど。


f:id:monsieur0204:20181207010100j:image

 

ボーヌに着いて時間があったのでワイン屋散策していたら、見た事無いエチケットのジャックセロスを発見しました。


f:id:monsieur0204:20181207005636j:image

 

店主に聞くと60年代みたいですね。

ドゥミ・セックだから中身はExquise?

以前、デュガのグリオットを格安で発見した時も、「状態悪くて、液面もかなり落ちているから賭けだよ。」など意外と親切に教えてくれる方だったので、彼が問題無いという事で今回はネタで購入。

 

f:id:monsieur0204:20181207013006j:image

 

ちなみにこちらが日本に帰国した際に見つけたボトルです。

数年前にパリで開かれたシャンパンの試飲会で息子さんのギョームに聞いたら、90年代に日本に送っていたイニシャルだそうです。

 

f:id:monsieur0204:20181207010205j:image  

 

ルソーの'14は知人に頼まれて。

知人の娘さんの生まれ年が'14という事で'14のグランヴァンを探していましたが、何とかルソーのGrand cruが購入出来ました。

出来ればジュヴレ・シャンベルタンの畑にしたかったですが、今のルソーは手に入りません、、。

 

購入時にルソーの防犯対策を教えて頂きました。

この判別方法は知りませんでした。


f:id:monsieur0204:20181207010216j:image

 

こちらも別の知人の頼まれ物で'76のワイン。

こちらも知人の友人の生まれ年'76を探して見つけました。

シャンドンのクロ・デュ・ロワ'76

他にも良い造り手のワインがありましたが、エチケットが汚れ過ぎてヴィンテージも手書きだったので、こちらのワインに決めました。


f:id:monsieur0204:20181207010053j:image

 

こちらも毎年購入のラングロール。

今年は自分が帰国する次の週に新しいヴィンテージが入荷という事で、例年よりは全然買えませんでした。

こればかりはタイミングですから、しょうがないですね。


f:id:monsieur0204:20181207005608j:image

 

昨年、ワイン屋の試飲会に混ぜて頂いて、店主に薦められたルノー・ボワイエ。

バックヴィンテージなども購入出来ました。


f:id:monsieur0204:20181207005618j:image

 

いつも買っていたジャック・セロスが高過ぎなのに対して、あまり値上がりをしていないローズ・ド・ジャンヌを大量に購入しました。


f:id:monsieur0204:20181207010109j:image

 

ブラン・ド・ブランのBoloréeから日本では珍しいロゼのCreux d'Enfer。


f:id:monsieur0204:20181207005628j:image

 

沢山飲んでみたかったので、かなりケースで購入しました。


f:id:monsieur0204:20181207010120j:image

 

最後に高過ぎるジャック・セロスは購入を控えたので、息子さんのシャンパンを購入しました。

 

今年も沢山のワインが購入出来ました(笑