フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Septimeで食事。

ピカルディーから帰ってパリ後半は、友人と以前から行ってみたかった「Septime(セプティム)」に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20181206013753j:image

 

ミシュランで1ツ星を獲得しましたが、かなりカジュアルな感じです。


f:id:monsieur0204:20181206013742j:image

 

雰囲気のある木材のテーブルにクロス無し、直置きのカトラリーが佐久のイメージに合う気がします。

 

f:id:monsieur0204:20181206014154j:image

 

ワインは完全に自然派、料理は和も少し感じる北欧系の料理でしょうか。

 

f:id:monsieur0204:20181206014308j:image

 

鹿のタルタル。

フランスに来たら一度はタルタルと思っていますが、まさかの鹿とは。。

マヨと上に乗っている実の酸味が良いアクセント。


f:id:monsieur0204:20181206014446j:image

 

ラディッキオにキノコ系のパウダー。

下は焼いた時に出たジュをバターで繋いだソースでしょうか?

この料理が今回で1番好きな味わいでしたね。


f:id:monsieur0204:20181206014318j:image

 

ホタテに海藻がかなり和な感じ。

 

f:id:monsieur0204:20181206014111j:image

 

この日は定休日の「Restaurant Toyo」の皆さんとご一緒させて頂いたので、ワインはソムリエさんにお任せ。(昼からずっと飲んでいたそうで、寝てるし、、。)

 

f:id:monsieur0204:20181206015058j:image

 

最初にジュラのクレマンで乾杯。


f:id:monsieur0204:20181206015125j:image

 

シャブリの自然派と言えばド・ムールやパット・ルーが浮かびそうですが、こちらも肉薄とか。


f:id:monsieur0204:20181206015111j:image

 

アルボワと言えばオヴェルノワですが、そちらと揉めたみたいですけど畑を手にした、、みたいな色々内情のあるワインみたいですが、ワイン自体は美味い。


f:id:monsieur0204:20181206015046j:image

 

最後はマグナム。

この店でも最後の1本みたいな激レアワインを沢山出して頂きました。

 

フランスにいる間はよく飲んでいた自然派ワインですが、こちらのリストを見ても知らない造り手ばかりです。

もう自分の知識なんて全然追ていけてないですね。

 

f:id:monsieur0204:20181206015719j:image


料理単体と水!だと凄く勿体無いお店だと思います。

料理もかなりワインとの相性を考えられていますね。

 

f:id:monsieur0204:20181206015921j:image

 

1ツ星ですがコースも高く無いですし、ワインがとにかくリーズナブルで美味しい。

料理、ワイン、スタッフ、お店の雰囲気、全部が凄くマッチしていて凄く居心地の良いレストランでした!

 

f:id:monsieur0204:20181206020049j:image