フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

石釜ピザを買って夕食会。

石釜を装備した移動販売ピザ屋とか凄いな。。

 

f:id:monsieur0204:20181203073209j:image

 

シェフの知り合いがやっているので、昼にガッツリ食べた夜は簡単にピザを購入しました。

 

f:id:monsieur0204:20181203073337j:image

 

移動販売での石釜焼きを見たのは初めてです。

 

f:id:monsieur0204:20181203074037j:image

 

毎日、曜日で出店場所が変わりますから、地方ならこの業態もありですね。

 

f:id:monsieur0204:20181203073610j:image

 

この日はレストラン2階のシェフ宅で宿泊させて頂きました。

先ずはシェフの娘さんやマダムも揃って乾杯。


f:id:monsieur0204:20181203073622j:image


f:id:monsieur0204:20181203073558j:image


f:id:monsieur0204:20181203073636j:image

 

石釜焼きの本格ピザもフロマージュがやたらと美味くてズルイ。。


当時、ここで働いていた時の週末は、仕事が終われば皆で2階に上がってシャンパン飲みながらサッカー観戦してましたね。。

 

f:id:monsieur0204:20181203074003j:image

 

昨夜はタレント発掘の番組を観ながら、フランスの家庭らしい夜を過ごさせて頂きました。

 

ピザの買い出し前に散策した様子も。

 

f:id:monsieur0204:20181203074309j:image

 

レストランの外観。


f:id:monsieur0204:20181203074244j:image

 

レストランの前にある村役場。


f:id:monsieur0204:20181203074256j:image

 

当時はこちらの通りの屋根裏部屋に住んでいました。


f:id:monsieur0204:20181203074233j:image

 

ちょうど紅葉が綺麗な時期だったので、村は燃えるような紅色で一杯でした。