フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

フランス帰国後、夏は軽井沢で出張シェフ、冬は白馬のホテルで総料理長。畑仕事にワイナリー巡りにバカンスはフランス。今迄に無い料理人の生き方を模索中。

Chez Michelで食事。

サービスされ過ぎでビックリの檜垣さん(笑

 

f:id:monsieur0204:20181130000148j:image

 


毎年恒例の元Passage53の同僚、「Restaurant L'inconnu」檜垣シェフとの食べ歩きですが、今年はパリの名ビストロ「Chez Michel(シェ・ミッシェル)」に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20181130000258j:image

 

先ずはオジサン2人でシャンパンで乾杯。。


f:id:monsieur0204:20181130000246j:image

 

f:id:monsieur0204:20181130182411j:image


3皿(前菜、メイン、デザート)を頼んだつもりでしたが、お店からのサービスでいきなりピッチャー入りのスープを頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20181130182616j:image

 

次に頼んだ前菜のお皿かと思いきや、こちらもお店からサービスの雉とフォアグラのテリーヌ。


f:id:monsieur0204:20181130182553j:image

 

やっと前菜にたどり着いてミガス。

元は残ったパンなんかを炒めて卵やソーセージで合わせる料理だと思いますが、こちらはバスク風にチョリソー。


f:id:monsieur0204:20181130182630j:image

 

次にメインだと思いきや、付け合わせにサービスと猪のニョッキ。


f:id:monsieur0204:20181130182605j:image

 

檜垣さんはリエーブル・ア・ラ・ロワイヤル。

野ウサギの古典料理です。


f:id:monsieur0204:20181130182653j:image

 

自分は鹿のシヴェ。


f:id:monsieur0204:20181130182642j:image

 

隣のつけ合わせが盛られた器に、ココットに入ったソースたっぷりの肉を注ぎます。

メインを楽しみにしていましたが、流石に40歳のオジさん2人にこの量はキツいですね(笑

 

f:id:monsieur0204:20181130185112j:image

 

ワインはビネールのピノ'09。

久しぶりにビネールを飲みましたが、ピノ・ノワールも美味しいですね。

 

f:id:monsieur0204:20181130184849j:image

 

デザートは懲りないでリ・オ・レ。

米のミルク煮ですが、パリ時代にラミ・ジャンで沢山作った思い出のデザートです。 

 

f:id:monsieur0204:20181130185033j:image

 

食事後はまたシェフ同士の語らいですが、毎回書きますがパリの活躍しているシェフ達の話は刺激になりますね。

自分も頑張らないと(笑

 

信じられないくらいにお腹一杯になりましたし、本当にパリのビストロらしい料理を美味しく頂けました。

パリの友人との食事は本当に楽しいです。

 

マサさん、ご馳走様でした‼︎笑

 

f:id:monsieur0204:20181130225905j:image