フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

久しぶりにクリニャンクール散策。

柏屋旅館で使う備品を探しに久しぶりにパリ北のクリニャンクールの蚤の市に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20181129133033j:image

 

パリ最大の蚤の市で、骨董や家具、食器類、古着や絵画など、幾つかの区域に分かれています。

メトロ4番線の1番北なので駅を出た辺りは少しアフリカ、アラブの異様な空気感ですが、市に入ってしまえばそれ程治安の悪さも感じません。

 

f:id:monsieur0204:20181129133118j:image


パリ時代に行っていてよく古い料理書を買っていた古本屋も健在でした。

クリニャンクールに来てお腹が空いたらいつも行っていたオムレツの美味しいお店は広過ぎて見つけられませんでした、、。(もしかして無くなっていた⁇)

 

f:id:monsieur0204:20181129133240j:image

 

今回のクリニャンクール散策は、来年春から本格的に始めようかと考えている柏屋旅館水曜フレンチのカトラリーを探す為でした。


f:id:monsieur0204:20181129133249j:image

 

旅館内のフレンチ営業なので、あまりフランスらしく無くみすぼらしくも無く。


f:id:monsieur0204:20181129133211j:image

 

本格的な銀器のお店なんかもあるんですが、ちょっとイメージと違いますね。


f:id:monsieur0204:20181129133622j:image

 

道端のお店にも家庭で使わなくなったような物が沢山売っていたのですが、これはこれで家庭的過ぎるかな、、。

今回のフランス滞在中にカトラリー類は色々なシェフに相談していたので、こちらでは購入しませんでした。

面白そうな小物類のイメージは掴めたので、そのイメージで地元の家具職人さんに作って貰おうか(笑

 

後は久しぶりのクリニャンクールだったので、散歩してきました。

 

f:id:monsieur0204:20181129134446j:image

 

野外に飾るような置物のコーナー。


f:id:monsieur0204:20181129134051j:image

 

こんな現代アート的なお洒落なお店もあります。


f:id:monsieur0204:20181129134859j:image

 

こちらは灯りのお店。


f:id:monsieur0204:20181129134040j:image

 

高級家具地区を散策。


f:id:monsieur0204:20181129134507j:image


f:id:monsieur0204:20181129134844j:image

 

ヴィトンなんかのお店も。

自分は全くブランド物は詳しくないのですが、ちょっと年季の入った感じが良かったです。

 

f:id:monsieur0204:20181129134911j:image

 

海や山の生物のはく製専門店など。


f:id:monsieur0204:20181129134518j:image

 

オモチャの球を追いかける犬が居たり、、。


f:id:monsieur0204:20181129145321j:image


f:id:monsieur0204:20181129134831j:image

 

ちょっとした宇宙船のような建物の中には、子供が遊べる遊具が色々。


f:id:monsieur0204:20181129134108j:image

 

駅から蚤の市に入って直ぐの区間ですが、ちょっとした版画屋やポスターのお店があって、パリ時代はこの辺りをよく散策していました。

 


f:id:monsieur0204:20181129134459j:image

 

少しアメリカチックな置物のお店。


f:id:monsieur0204:20181129134120j:image

 

フランスの古民具のコーナー。

古民具を飾れば雰囲気も出ますし、これはいいですね。

見れば自分の家の土蔵にも似たような民具はありそうですから、上手く飾りに使える物がないか探してみたいと思います。

 

スケジュール的にはかなり厳しかったクリニャンクール散策でしたが、久しぶりに見て感じる物も沢山あって良かったです!