フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

ボーヌで初心忘るべからず。

昼に畑眺めながらペヤングにラングロールとか意外と贅沢だな(笑

 

f:id:monsieur0204:20181128002129j:image

 

一応、食事に困った時の為に、インスタントヌードルは幾つか持ち込んでいます。。

ラングロールはパリでも購入に難しいワインですが、意外とボーヌの馴染みのお店で購入出来ます。

 

f:id:monsieur0204:20181128002322j:image

 

部屋から職場に向かう道の脇を流れる川。

ワイン学校近くで、登校時間には賑わいます。


f:id:monsieur0204:20181128002334j:image

 

いつも川には鴨がいました。

 

f:id:monsieur0204:20181128005551j:image

 

ボーヌの象徴、オスピス・ド・ボーヌ。

こちらの横のカフェでいつもクロワッサンとカフェで朝食を済ませていました。

 

毎朝、早くに起きてはドメーヌ訪問に向かう日々でしたが、朝焼けに輝くボーヌの街並みが凄く綺麗でした。

 

今年のブルゴーニュ滞在も本当に素敵な体験で一杯でした。

お世話になった方々、ありがとうございました。

 

f:id:monsieur0204:20181128002522j:image

 

今回のボーヌ滞在は、昔ブルゴーニュで働いていた時に泊まっていた部屋を借りましたが、不便で何も無いんですけど、それがこの上なく楽しかったり。


f:id:monsieur0204:20181128002535j:image

 

5分経たないと暖かくならないシャワーも懐かしいです(笑

 

今みたいに簡単にネットが繋がったり出来なかったので、目の前の事に対して精一杯楽しんでいた時代でしたね。

その点で言えば、海外に居ても平気で日本の番組やドラマ、漫画が見れる時代ですから、誘惑に勝って無心で目の前の事柄に集中して勉強するには大変な時代かもしれませんね。

 

初心忘るべからず。