フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Restaurant L'Asperuleで食事。

ボーヌ「Le Benaton(ベナトン)」シェフの圭史さんとディジョン「L'Asperule(アスペリュール)」に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20181127234614j:image

 

オーセールからディジョンに移られたという事で、やはりシャブリが安い。

同業者的には「結局そこかよ!」と言われそうですが、そろそろ飲めそうなラヴノーのChablis Grande cru Blanchot '09をお願いしました。

 

f:id:monsieur0204:20181127234803j:image

 

赤はそろそろこなれてきそうなニコラ・ロシニョールのVolnay 1er cru Ronceret '08。

どちらも抜群に美味しかったですし、ワインリストから選んだ者としては、これだけ料理とピッタリハマれば大満足(笑

 

他にも造り手や値段を見ていれば、頼みたいワインが山ほどある素敵なワインリストでした。

色々並べられても頼めない価格のワインリストのレストランが多いですが、こちらはワインも料理も楽しめるレストランだと思います。

 

f:id:monsieur0204:20181127235210j:image


ワインばかり褒めていますが、昼メニューなのに料理のクオリティーも凄いです。

先ずはグージェールから。

 

f:id:monsieur0204:20181127235321j:image

 

フォアグラの一皿。


f:id:monsieur0204:20181127235539j:image


f:id:monsieur0204:20181127235453j:image

 

パクチーの香りの付いたスープを注ぎます。

少し和風な魚料理の一皿。


f:id:monsieur0204:20181127235553j:image

 

こちらは熟成させた拘りの鴨。


f:id:monsieur0204:20181127235311j:image

 

パティシエールがいるそうで、ランチのデザートからこのクオリティー

こちらはチョコレートの一皿。


f:id:monsieur0204:20181127235521j:image

 

こちらはグレープフルーツの一皿。

 

料理にワインに昼からこれだけ楽しめたら文句無いですよね、、。

 

f:id:monsieur0204:20181127235951j:image

 

食事後は木村シェフと圭史さんと話し込んでしまいました。

食材、ワイン、経営、、海外で活躍する日本人シェフはやはり熱いです‼︎

 

本当に良い時間を過ごさせて頂きました。。

 

f:id:monsieur0204:20181128000035j:image