フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Le Soufflotで食事。

ドメーヌ訪問初日のランチはムルソー村に新しく出来た「Le Soufflot(ル・スフロ)」に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20181124232433j:image

 

ランチメニューは値段の割にはクオリティーが高くてお値打ちです。

 

f:id:monsieur0204:20181124232548j:image

 

前菜のサーモンとパースニップの取り合わせが好きでした。

これは長野でも挑戦してみたい。。

 

f:id:monsieur0204:20181124232718j:image

 

一見は温前菜に見えなくないですが、底に肉(何肉だったかは失念。)がタップリのパルマンティエ。

エスプーマで軽くしたポム・ピュレはかなりニンニクが効いていますね。


f:id:monsieur0204:20181124232736j:image

 

デザートはモンブランでした。

 

f:id:monsieur0204:20181124233041j:image

 

ワインはルーロのムルソー'11。

 

ルーロの蔵出し価格もかなり上がったみたいで、最近では会う事も少なくなりました。

 

f:id:monsieur0204:20181124233827j:image

 

こちらもグラスはザルトでしたが、最近のレストランは何処もそうですね。

 

f:id:monsieur0204:20181124233508j:image


f:id:monsieur0204:20181124233522j:image

 

開店当初からワインが安いと話題になっていましたが、確かにやたらと安い。

コシュ・デュリのアリゴテで30ユーロですからね、、。(店外のメニューにワインリストも少し出されています。)

最後に「1テーブル1本のみ」のページがありますが、関係者が来たらアッと言う前に無くなるのでは。

料理も美味しかったですし雰囲気も良いので、コート・ド・ボーヌに来たらこちらで決まりですね。

 

この日は午前中はマルトレイでコルトン・シャルルマーニュを飲んで、ランチはルーロ。午後はマーク・コランでモンラッシェでしたから、何とも贅沢な1日でした(笑

 

f:id:monsieur0204:20181124235855j:image