フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

パリで家料理。

パリ前半戦はアクシデントで泊まり先が不透明になってしまったので、友人宅に少しだけ泊まらせてもらいました。

泊まり賃の代わりに食事の担当をしました。

 

f:id:monsieur0204:20181122025904j:image

 

パリも寒くなりましたね、、という訳でフランスでも鍋です(笑

 

肉に焼き目を付けた鍋に野菜を順番に入れて買ったスパイス入れて、肉を戻して蓋をして野菜の水分でコトコト煮込むだけ。

今回のお肉は食材費節約で手羽元とソーシソン。

クスクスで食べたかったので、少しブイヨンを足して水分多めにしました。

残った物は次の日にパスタを投入して頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20181122030038j:image


f:id:monsieur0204:20181122030051j:image

 

いつも行くスパイスの専門店が閉店していたので、急遽近くのビオ食材店でスパイスを探しました。

目的の香りに近い物も購入出来たので、試しに今回のクスクスの野菜も少しだけこちらで購入しました。


f:id:monsieur0204:20181122030349j:image

 

お次は熟成肉のステーキが食べたいという事で、近所の熟成肉専門店で購入したコート・ド・ブフ。


f:id:monsieur0204:20181122030356j:image

 

塊から好きなようにカットしてくれます。

 

f:id:monsieur0204:20181122030406j:image

 

意外と中を生に近いくらいに焼く熟成肉の火入れを見ますが、旅行中で何かあってもいけないので中までロゼに仕上げました。

付け合わせは前日のクスクスの野菜にジャガイモを足して。


f:id:monsieur0204:20181122030420j:image

 

ワインは小布施ワイナリーのピノ・ノワール'10。

 

実は友人と何年か前に飲んでいたのがこのワインで、今回また一緒に飲もうと自宅の蔵からフランスまで持ってきました。

前は若かったけど今は熟成して凄く良い状態で、日本のワインとは思えないほど美味しかったです。


f:id:monsieur0204:20181122030342j:image

 

脂の強く無い肉でしたから、こちらのピノで十分に合いました。

 

ホテルではこうはいかないので、フランスの食材を好きに買い出して好きに調理して、久しぶりにフランスで料理を楽しめました!