フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Restaurant Allianceで食事。

軽井沢の出張料理や畑の越冬準備も終えて、毎年恒例のフランスバカンスのスタートです。

パリ初日は5区にある「Restaurant Alliance(アリアンス)」に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20181103213938j:image

 

たまたま泊まり先の友人が行くという事で、フランスに着いてすぐでしたけど予約人数を変更して入れて貰いました。

 

f:id:monsieur0204:20181103214116j:image

 

トウモロコシのゴフレット。


f:id:monsieur0204:20181103214120j:image

 

ジャガイモに中はレフォール。


f:id:monsieur0204:20181103214110j:image

 

トリュフのタルトレット。

 

f:id:monsieur0204:20181103214436j:image

 

冷前菜を挟んで温前菜はニョッキです。

 

f:id:monsieur0204:20181103214605j:image

 

こちらはブールブランにキャビアを入れたソースをかけて頂きました。

 

こちらのお料理が出される前にアクシデント。

停電で店内電源オフの暗闇レストランに、、。

写真が暗いのはその為です。

 

f:id:monsieur0204:20181103214740j:image

 

以前、自分がパリで働いていた時もそうでしたが、古い建物の多いパリでは有りがちな話です。

この日はほぼ満席。

調理場もオール電化みたいで、半オープンキッチンで悩む大宮シェフが見えます、、。

 

素晴らしかったのは直ぐにシェフの指示で炭を起こしたり別の場所から電源を引っ張ったりで幾つかの熱源を確保。

勿論、当初予定のメニューでは無かったと思いますが、しっかりデザートまで出してくださいました。(最後までいませんでしたが、おそらく最後まで電気は復旧しなかったと思います。)

 

f:id:monsieur0204:20181103214834j:image

 

店名アリアンスは日本語で同盟(結婚指輪という意味もあるとか)ですが、店の危機的状況にも迅速な対応をするチームワークが先ず素晴らしかったです。

その様子を眺めながらワインや会話を楽しまれているこの日のお客様もまたフランス人らしくて素敵だな、と。

日本なら苦情の一つも出てたでしょうね、、。

 

あの限られた熱源でも素晴らしい料理でしたから、自分としてはむしろ凄く好印象でした。

 

f:id:monsieur0204:20181103215041j:image

 

実は最初にプレゼンテーションされたオマールの肝を皮下に塗り込んだ鶏を食べていません。

これはまた再訪しないといけませんね。

 

初日から色んな意味でフランスを堪能してしまいました(笑

 

こちらのアリアンスは来年1月に東京のニューオータニでフェアをされるそうです。

こちらも注目だと思います!

 

(誤解が無いように書いておきますが、お料理の代金はかなりお安くして頂きました。)