フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Restaurant L'aubeで食事。

パリ時代の元同僚、ヒデさんの「Restaurant L'aube(ローブ)」に行ってきました。

 

自分はフランスから帰って何も出来ていませんが、こちらはミシュラン1ツ星。

海外レストランとのコラボレーションも決まっていますから大活躍ですね。

 

f:id:monsieur0204:20181001174157j:image

 

先ずはシャンパンに合わせてナスのグラスに栗のベニエ、右はスパイスのチップス。


f:id:monsieur0204:20181001175534j:image

 

前菜は功刀鱒とリンゴ。

 

自分も良く信州サーモンや大岩魚を使いますが、マリネはハーブ以外に軽くナッツオイルを使います。

こちらもナッツを削っていますが、やっぱり相性イイですよね。

今の時期なら生クルミに生落花生。


f:id:monsieur0204:20181001165033j:image

 

今回は石田ソムリエセレクトのワインペアリングもお願いしました。

鱒に合わせたのはドイツのシルヴァーナー


f:id:monsieur0204:20181001164957j:image

 

魚は赤ムツ。

鶏節と魚のアラで取った出汁が格別。


f:id:monsieur0204:20181001165009j:image

 

合わせたのはキュヴェ三澤 甲州


f:id:monsieur0204:20181001164338j:image

 

メインは鹿肉。

 

目の前がオープンキッチンなので調理する様子が見れるんですけど、いつのまにか出来ていてしかもこの完璧な火入れ。

自分の鹿肉に火の入れ方とは違いますが、参考にはなりました。


f:id:monsieur0204:20181001164944j:image

 

ワインは確かスペインだったような。

鹿肉の料理に少し混合スパイスが使われていたので、そのスパイシーな感じとこのワインが良く合いました。

 

f:id:monsieur0204:20181006204615j:image

 

デザートはイチジクと、、。


f:id:monsieur0204:20181006204359j:image

 

モンブラン

 

味わいの構成からお酒の使い方から、正しくパティシエ(ール)の仕事ですね。

こういうデザートは料理人には作れません。

 

やはりコース料理のデザートが締まるとコースも良い感じで終わりますね、、。


f:id:monsieur0204:20181006204246j:image

 

宝石箱に並べられたチョコレート。


f:id:monsieur0204:20181006205236j:image

 

このままだと溶けてしまうので、冷たい石を冷たいリングケースに。


f:id:monsieur0204:20181001164402j:image

 

ランチから丁寧に作られてどれも盛り付けから綺麗で美味しく、石田さんのワインペアリングも素晴らしい。

以前から聞いていた平瀬さんのデザートも「これぞパティシエールの仕事」というクオリティ。

(写真は一部ですけど、料理もワインも他にも何品か出して頂きました。)


f:id:monsieur0204:20181001164351j:image


会うのも久しぶりで、食事後も色々とお話しさせて頂きました。

やっぱりレストラン、イイですね!

 

ヒデさん、ご馳走様でした‼︎