フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

家のプルーンを収穫。

ウチの果樹園にも植えてある佐久市の特産「プルーン」の収穫も無事に終了しました!

 

f:id:monsieur0204:20180926005800j:image

 

よく「プルーンって生で食べれるの?」と他方の方々に驚かれます。

果皮が薄くて雨に打たれるだけで割れてしまうほど繊細な生のプルーンはあまりこの地域以外の方々では食べる機会が無いと思います。(樹熟の物は尚更)

 

f:id:monsieur0204:20180926005738j:image

 

収穫前に樹を覆う雨避けのビニールシートを被せます。

佐久平では良く見かける風景です。

 

f:id:monsieur0204:20180926005937j:image

 

プルーンは中井貴一さんのCMでもお馴染み、抗酸化栄養素の優れたフルーツです。

生で食べると美味しいんですよ。

 

f:id:monsieur0204:20180926005647j:image


実の白い粉(ブルーム)をなるべく落とさないように、丁寧に収穫。

 

f:id:monsieur0204:20180926010012j:image

 

たくさんあったので、果実酒も仕込みました。

今シーズンも7月のブルーベリーから始まり貴陽などのスモモ系、洋梨を仕込みました。

あとはラ・フランスやナツメを仕込んで今シーズンの果実酒仕込みも終了。

 

今年は異常気象で雨も降らず葉物農家さんには厳しい年だったと思いますが、果実類が有難い事に豊作でした。

 

今シーズンは収穫は勿論、果実酒に料理と楽しませて頂きました(笑