フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

NAGANO WINEを追加購入。

f:id:monsieur0204:20180803230239j:image

 

伊澤さんのソーヴィニョン・ブラン、イイですね!

イベントなどにお出しする度に凄く評判も良いので、また追加購入しました。

 

長野は海無し県なので、やはりお出しする魚料理は川魚メインになります。

そうした状況ではやはり相性の良い優れた県産のソーヴィニョン・ブランは確保しておきたいところです。

価格帯では信州高山ワイナリーとほぼ同額ですが、自分のような小さな商売をしている者としては希少性で先ずはこちらでしょうか。

 

f:id:monsieur0204:20180803230602j:image

 

最近、すこぶる評判の良い長谷さんのFUKUIHARA blanc。

 

こちらも無くなりそうなので追加購入。

先日の東京出張の際にも探しましたが販売されている物は無く、新宿の「葡庵」さんのセラーにありました。

1人は厳しいので、次回の東京で何人か日本ワインラヴァーを集めて飲みたいですね。

まだボトルからは試飲をしていませんが、信州の混植混醸ワインは凄く楽しみです。

 

f:id:monsieur0204:20180803231100j:image

 

たかやしろワイナリーのシャインマスカットの泡も追加。

シャインマスカットの泡は他に無いですし、よく冷やして締め泡には良いかと思います。

しかもシャインマスカット使用の割には安いです。

(普通の1房でも、結構な値段すると思いますけどね、、。)

 

どれも生産本数は少ないですから良いと思ったワインは更に追加購入して蔵に入れておきます。

沢山購入しても置いておける蔵があるのは有難い。

(ご先祖様、ありがとうございますw)