フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

遠出の行き帰り。

白馬などの遠出をする時には生産者やワイナリーに寄ったり、他の案件も済ませます。

 

f:id:monsieur0204:20180703002025j:image

 

今回は通り道に「日本一の杏の里」千曲市があるので、寄って今が旬の杏をたくさん購入しました。

 

f:id:monsieur0204:20180703002234j:image

 

酸味が強い平和や昭和といった品種を果実酒やチャツネなどに加工しました。

まだお店を始めている訳では無いので、日持ちのする果実酒は数年後に重宝しますし、チャツネも瓶詰めして保存しておけばかなり保ちます。

 

冬シーズンの白馬のホテルでも使おうかと思います。

 

f:id:monsieur0204:20180703002321j:image

 

白馬飯店に持ち込んだファンキー・シャトーのサンジョヴェーゼ、旨‼︎

 

f:id:monsieur0204:20180703002408j:image


という事で、直ぐに追加で大量購入。

 

あまり目立たないですけど、ファンキー・シャトーの赤は国内トップクラスだと思います。

これからもっと良くなっていくんでしょうし、その様子を毎年飲みながら、現場に行きながら見ていけるというのは身近にワイナリーがあるから出来る訳で素敵な事だと思います。

 

白馬の行き帰りで、また次に繋がる色々な事が出来ましたね。

 

(山登りでただ遊びに行くだけではありませんw)