フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

bricolage bread & co.でランチ。

六本木ヒルズ横にオープンしたばかりの「bricolage bread & co.(ブリコラージュブレッド &カンパニー)」に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20180620001534j:image

 

パンを買いに行ったのですが、凄い行列だったので、併設のレストランに入りました。

 

f:id:monsieur0204:20180620001637j:image

 

メニューには拘りのオープンサンドが書かれていますが、最初にスープとサラダ。

この日のスープはカブでした。


f:id:monsieur0204:20180620001631j:image

 

メニューにはメインになる拘りの食材が書かれていました。

こちらは吉田牧場さんのカチョカバロ。


f:id:monsieur0204:20180620001645j:image

 

デザートのバーミキュラに入った熱々のフレンチトーストにはシロップ代わりに煮詰めた味醂と冷たいアイスクリーム。

ドリンクメニューも美味しそうなお茶やビールがズラリ。

 

f:id:monsieur0204:20180620004219j:image

 

使われる鍛冶屋製作のフォークやナイフも凄く拘っていて、サービス中の生江シェフが熱心に説明してくださいました。

 

雰囲気が凄く素敵でふっと思いましたが、この感じはまるで「軽井沢」ですね。

六本木ヒルズの近くではありますが、レストランスペースから見える景色は落ち着いています。

車通りも少ない脇道に入った景色で、緑が綺麗に見えます。

軽井沢ではここまで拘ったお店が思い付かないので、何処かのお店が同じ事を始める気が、、。

(雰囲気的にはサワムラさんが近いです。)

 

帰る頃にはパンの売り場の列も落ち着いたので幾つか購入させて頂きました。

自分の周りでも凄く話題のお店だったので、滅多に東京に出ない自分としては来れて良かったです。