フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

シドニーでホテル滞在。

シドニー滞在で泊まったホテルはハーバーブリッジの付け根に広がるロックス地区のホテルでした。

 

f:id:monsieur0204:20180425200031j:image

 

石と鉄骨の噛み合った素敵なエントランス。

 

f:id:monsieur0204:20180425200213j:image

 

f:id:monsieur0204:20180425200246j:image

 

暑いシドニーからホテルに入るとフルーツがたっぷり入った冷たい水でお出迎え。

 

f:id:monsieur0204:20180425200437j:image

 

部屋も2人で使うには十分。

いつもはバックパッカー気取りで安い宿にしか泊まりませんからね、、。

 

f:id:monsieur0204:20180425200557j:image

 

窓からはシドニーのオペラハウスが見えました。

 

f:id:monsieur0204:20180425200635j:image

 

f:id:monsieur0204:20180425200757j:image

 

ロックス地区はシドニー最初の入植が行われた歴史のある地域です。

 

f:id:monsieur0204:20180425200732j:image

 

これは街中のパッサージュです。

自分のシドニーのイメージとは全然違います。

 

新しい都市というイメージのシドニーですが、戦争や大きな災害も無かったのでこうした古い建物をリノベーションしたホテルがたくさんあるそうです。

石の文化なので残るのも分かりますが、日本もこうした古い建物の有効活用は考えないといけませんね。

 

f:id:monsieur0204:20180425201532j:image

 

今回のホテル滞在はオーストラリアのホテルの朝食サービス体験も自分の目的でした。 

 

f:id:monsieur0204:20180425201435j:image

 

このヨーグルトがやたらと美味しかったです。

乳製品の品質は高いですね。

 

f:id:monsieur0204:20180425201038j:image

 

宿泊客はブッフェとは別にオーダーも頼めました。

自分はフランスではクロワッサンにカフェがいつもの朝食だったので、日本でも少しの甘い食べ物から始めます。

頼んだパンケーキが大き過ぎる(笑

 

f:id:monsieur0204:20180425201234j:image

 

他の人達の朝食も撮りましたが、朝から沢山食べますね、、。

朝食の提供方法も素敵で白馬のホテルの良い参考になったので、次のシーズンは朝食にも力を入れようかと思います!