フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

シドニー湾をクルージング。

シドニー2日目はシドニー湾でクルージングを楽しんできました。

 

f:id:monsieur0204:20180425131605j:image

 

クルーザーの上でビールを飲んでご満悦。。

 

f:id:monsieur0204:20180424123220j:image

 

手前のクルーザーでホテル近くの港から出航しました。

 

f:id:monsieur0204:20180424222219j:image

 

船内ではウェルカムドリンクでシャンパンとビールが準備されていました。

 

f:id:monsieur0204:20180424222244j:image

 

先ずはシャンパンからスタート。

自分のシドニー滞在中は晴天で夏日続きだったので、船上で飲む冷えたシャンパンが最高に美味しかったです。

 

f:id:monsieur0204:20180424222314j:image

 

こちらは世界一周でもするような大型船舶。

 

f:id:monsieur0204:20180424222338j:image

 

こちらがバーで飲み物はこちらから飲み放題。

 

f:id:monsieur0204:20180424222402j:image

 

船内も素敵でしたが、とにかく天気も良くて風も心地良かったので1日船上にいました。

 

f:id:monsieur0204:20180424222425j:image

 

途中で並べられたブッフェ。

 

f:id:monsieur0204:20180424222500j:image

 

とにかくチーズが美味しくて、トマトや野菜のマリネをパンにたくさん乗せて沢山頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20180424222548j:image

 

後はずっとビールでグダグダ。。

 

料理はこの後にエビや牡蠣が出て、最後にロブスター。

何となく過去のバックパッカーの旅行でエビで当たった事があるので、旅行中のちゃんとしたレストラン以外では食べるのは控えています。

ちなみに牡蠣は過去3回当たっているので、フランス以外で旅行中は絶対に食べません。

 

f:id:monsieur0204:20180425133832j:image

 

オペラハウスを横に進んだ場所で停泊して、水着に着替えて海に飛び込みました。

山の人間なのであまりこういう事はした事がないのですが、バタバタしなくても浮くものですね。

泳ぎは全く問題無いので、凄く楽しめました。

 

f:id:monsieur0204:20180425093108j:image

 

今度は逆方向にハーバーブリッジに向かいます。

 

f:id:monsieur0204:20180425134140j:image

 

真下を通過。

 

f:id:monsieur0204:20180425134236j:image

 

海のタクシーがシドニーらしい。

 

f:id:monsieur0204:20180425093140j:image

 

こちらは別荘地でしょうか?

沢山のヨットがありました。

 

f:id:monsieur0204:20180425134326j:image

 

皆で1日喋って飲んで、シドニークルージングを楽しめました。

かなりセレブ的な休日の過ごし方でしたが、これはこれで楽しかったです。

 

フリーで働いている身としては意識して自分で休みを決めて作らないと常に働いている事になります。

仕事の無い日もワイナリーに行ったり畑見学に行ったり次の仕事に繋がりそうな事をしているのですが、たまには純粋な仕事を考えない休みも大切なのかもしれないです。

その辺りは人生を楽しもうとするオーストラリア人を見習わないといけませんね。