フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

地元帰ってワイン会。

白馬から地元佐久に帰って少し白馬の材料を頂いてきたので、サクッと料理をしてワイン会を開きました。

 

f:id:monsieur0204:20180405000902j:image

 

持参ワインは先日訪問した信州たかやまワイナリーのソーヴィニョン・ブラン

この価格帯でソーヴィニョン・ブランらしいワインが無かったので、これは嬉しいです。

また次回のコラボディナーなどのイベントで使えたらと思います。

 

f:id:monsieur0204:20180405001053j:image

 

自分が仕込んだ胡麻油風味のパテに八千穂漁業さんの信州サーモンの肝のスモーク。

 

f:id:monsieur0204:20180405001208j:image

 

仔羊のスネ肉はトマトと柔らかくなるまでしっかり煮込んで、信州の白いんげん豆と合わせました。

上にはニンニクペーストで香りを付けたクルトンを振ってあります。

 

f:id:monsieur0204:20180405001339j:image

 

ハーブでマリネした半割りの鶏はオーブンに入れてローストに。

うっかり話し込み過ぎたら忘れていまして、少し火が入り過ぎになってしまいました、、。

 

f:id:monsieur0204:20180405001538j:image

 

皆んなガッツキ過ぎ(笑

 

f:id:monsieur0204:20180405001638j:image

 

フロマージュは熟成した「Bosqueso(ボスケソ)」是本さんのカチョカバロなど。

 

久しぶりだったので、夜遅くまで話し込んでいまいました。

 

やっぱり地元はいいですね(笑