フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Pertinenceで食事。

パリ最後の夜は7区に出来た「Pertinence(ペルティナンス)」に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20171223234820j:image

 

タイユヴァンやル・ムーリスで修業された内藤シェフのお料理は初めてでしたが、しっかりクラシックなお料理で美味しく頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20171223234901j:image

 

ヒラメのプレゼンテーション。

 

f:id:monsieur0204:20171223234948j:image

 

ソースはシェフ自らかけてくださいました。

 

f:id:monsieur0204:20171223235014j:image

 

f:id:monsieur0204:20171223235036j:image

 

メインの鳩はサービスの方が。

 

f:id:monsieur0204:20171223235106j:image

 

フロマージュを挟んでデザート。

 

f:id:monsieur0204:20171229232949j:image

 

パティシエールの奥様?が東南アジアの方?だったような、、。

デザートの少しアジアのエッセンスが入っていました。

 

今時のパリの日本人シェフの新店ではこうしたクラシックは珍しいと思いました。

ワインはペアリングが凄くお得だと思いました。

 

 今年のパリ滞在も結果的には3店日本人シェフのレストランを伺いました。
やはり日本人シェフのレストランは確実に美味しい。
相変わらずパリで活躍する日本人シェフの勢いが止まりませんね。

 

f:id:monsieur0204:20171229232851j:image