フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

待望のClover Grillで熟成肉。

やっと来ました「Clover Grill」!

 

f:id:monsieur0204:20171220011339j:image

 

友人が通う熟成肉の名店です。

いつもinstagramで美味しそうな写真を見ていたので、今年のパリ滞在は絶対に来たかったんです(笑)

 

f:id:monsieur0204:20171220011628j:image

 

炭火焼の熟成肉を頂くレストランですが、そこはパリのトップシェフであるF.ピエージュのお店ですから何から何までクオリティが高いです。

 

f:id:monsieur0204:20171220011808j:image

 

友人が来る前にUsamiシェフの案内で厨房を見学させて頂きました。

こちらは肉を焼く炭火焼の板です。

 

f:id:monsieur0204:20171220012039j:image

 

付け合せはやはりジャガイモでしょ!という事で様々な種類、調理法のジャガイモが付け合わせで頂けます。

 

f:id:monsieur0204:20171220012013j:image

 

グリル板でクルクルと回る丸のパイナップル。

こちらは後で頂きます。

 

f:id:monsieur0204:20171220012258j:image

 

料理はUsamiシェフにお任せで頼みました。(通常はアラカルトです。)

先ずはスペインの生ハムにシャンパーニュ

こんな事を書くと語弊がありますが、県内でも自家製の生ハムが増えてきましたがこちらを食べると、、。

歴史も違いますから、県内の生ハムがもっと美味しくなるように自分もこうした経験を地元に落としていきたいですね。

 

f:id:monsieur0204:20171220012629j:image

 

こうした料理の完成度がやはりピエージュのレストランです。

普段は食べないフォアグラもこうして出されると肉と相まってワインが止まりません。

 

f:id:monsieur0204:20171220012806j:image

 

炭焼きのTurbot(ヒラメ)

骨付きで焼いて、骨から外して塩をしただけ。

こちらが美味過ぎる。

自分もパリのレストランで低温で火入れをして螺鈿色(らでん)で料理を出すような繊細な調理法などを学びましたが、色々と調理法を学んで一周してやはり炭だと思わせる美味さです。

究極のシンプルイズベスト。

 

f:id:monsieur0204:20171220013221j:image

 

付け合せにジャガイモ3種(コンフィ、フリット、ピュレ)にほうれん草。

 

f:id:monsieur0204:20171220013333j:image

 

待ちに待った熟成肉がお出まし。

 

f:id:monsieur0204:20171220013428j:image

 

こちらは確かポーランドだと思いますが、やはりヨーロッパの牛肉は美味い。

赤身肉なので、幾らでも食べれます。

 

f:id:monsieur0204:20171220013602j:image

 

デザートではグリルでクルクルと回っていたパイナップルもしっかり頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20171220013637j:image

 

屋台などで見かけるチュロスもこのクオリティ。。

 

ビックリなのは隣の70過ぎと思われるフランス人老夫婦が同じサイズの肉を前菜無しのダイレクトに頼んで、更にはポムフリットをお代わりでしかもデザートまで完食、、。
この熟成肉ならアッサリと食べれますが、大きな肉をペロッと召し上がる元気なお爺さん、お婆さんがフランス的で素敵でした。

 

インスタで美味そうな肉ばかりを見せ付けられていたので、やっと食べれて大満足でした!

 

f:id:monsieur0204:20171220013907j:image