フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

今年もRestaurant Soで食事。

フランス時代にお世話になったBeaune「Le Bénaton」圭史シェフとDijon「Restaurant So」に行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20171218125208j:image

 

メニューはいつもお任せにするのですが、この日はちょうど入荷した創シェフお薦めの熟成肉にメインは決定。

 

f:id:monsieur0204:20171218125337j:image

 

前菜はポタージュ。

一見、ビストロですがロブション出身でもある創シェフの料理は芯が一本しっかり通っていて、一般的なポタージュのような料理も何段階も上の料理に仕立てられています。

 

f:id:monsieur0204:20171218125409j:image

 

魚はコダラ。

 

f:id:monsieur0204:20171218132034j:image

 

Aeglefinus、聞いた事の無い魚だったので調べたらコダラでした。

創シェフも内陸に居ながら、面白い魚を探してきますね、、。

 

f:id:monsieur0204:20171218125454j:image

 

ワインはお薦めの「Puligny-Montrachet 2015」(Domaine Bzicot)

 

自分が頼むと当たり前の造り手になってしまうので、現地でワインに関わる仕事をしている方々にお任せします。

 

f:id:monsieur0204:20171218153837j:image

 

焼きあがった肉とインゲン。

フランスの赤身肉は幾らでも食べれますね。

脂が少ないので、1人でも平気でこの位の量は食べれます。
付け合わせのインゲンもやたらと美味しかったです。

フランスの野菜の力は違いますね、、。

 

f:id:monsieur0204:20171218153934j:image

 

脂の少ない赤身肉にしっかりした白だったので問題無くワインと料理が合ったのですが、最後は一杯だけ赤ワインを頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20171219003229j:image

 

最後にデザートもしっかり頂いてご馳走様。

 

今年も創シェフのお料理、凄く美味しかったです。

また来年も美味しい料理とブルゴーニュワインを勉強しに来たいと思います‼︎

 

f:id:monsieur0204:20171219003433j:image