フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

ジュヴレ・シャンベルタンのドメーヌ2軒を訪問。

ブルゴーニュ2日目はジュヴレ・シャンベルタン村の2軒を訪問してきました。

 

f:id:monsieur0204:20171211235629j:image

 

「Domaine Duroché」

 

f:id:monsieur0204:20171211235704j:image

 

「Domaine Fourrier」

 

f:id:monsieur0204:20171212000124j:image

 

先ずはデュロシェから。

 

優れた生産者の薦めるドメーヌはやはり美味しい。

デュロシェは聞いた事も無かったのですが、ジュヴレに無いような薄旨系で完全に自分好み。

 

f:id:monsieur0204:20171212000150j:image

 

1er cruではあまり聞かない畑もあったので、地図で畑の場所を確認しながら試飲していきました。

 

f:id:monsieur0204:20171212000039j:image

 

こちらの8本を試飲しました。

この後に行くレストランでも、ワインリストからデュロシェのワインだけ完売だった事からも地元での人気が伺えます。

 

 f:id:monsieur0204:20171212000552j:image

 

食事後はフーリエに向かいました。

 

f:id:monsieur0204:20171212000708j:image

 

初めての試飲室でこちらのラインナップで試飲しました。

 

f:id:monsieur0204:20171212000812j:image

 

誰もが憧れるフーリエのグリオット・シャンベルタン。

この色調が写真から伝わるでしょうか⁉︎(加工無しです。)
フーリエは今飲んでも美味過ぎる事に驚き。
むしろ今の段階であれだけ完成されていると、この先がどうなるか気になりますね。

 

2日続けてBeauneの和食「ビソウ」さんに同行させて頂きました。
今年も素晴らしいドメーヌに同行させて頂き、本当に感謝です。

 

ありがとうございました‼︎