フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

シャブリのドメーヌ4軒を訪問。

パリからブルゴーニュに移動しました。

 

ブルゴーニュ初日はシャブリのドメーヌ訪問をしてきました。
Beauneの和食「ビソウ」さんのワインのピックアップに同行です。

 

f:id:monsieur0204:20171211004630j:image

 

「Domaine Vincent Dauvissat」

 

f:id:monsieur0204:20171211004700j:image


「Domaine Français Raveneau」

 

f:id:monsieur0204:20171211004729j:image

 

「Domaine Pattes Loup」

 

f:id:monsieur0204:20171211004802j:image

 

「Domaine de Pisse-Loup」

 

シャブリの2大巨頭に比較的新しいドメーヌ2軒。
ドーヴィサ、ラヴノー、パット・ルーは久しぶりで2回目です。

 

f:id:monsieur0204:20171211004852j:image

 

ドーヴィサではプティ・シャブリから始まり村名シャブリから1er cru3種にGrand cru2種。

最後にボトルで1er cru フォレ'02。

 

 f:id:monsieur0204:20171211004934j:image

 

前回は降りたところで試飲して終わりでしたが、今回は奥まで行けました。

 

f:id:monsieur0204:20171211005017j:image

 

こちらがGrand cruのレ・クロの樽です。

 

f:id:monsieur0204:20171211005048j:image

 

次にラヴノーの試飲。

シャブリなら誰もが憧れる生産者です。

 

f:id:monsieur0204:20171211005117j:image

 

ラヴノーは村名シャブリから始まり、1er cruが5種にGrand cruが3種。

写真はレ・クロです。

 

f:id:monsieur0204:20171211005147j:image

 

村名シャブリを造るようになってから増設された地下セラーです。

 

f:id:monsieur0204:20171211005218j:image

 

以前は階段を降りて左側のこちらで多くの樽が置かれていたと思います。

 

f:id:monsieur0204:20171211005335j:image

 

お昼は目的のレストランがバカンス中で行けなかったので、近所のフレンチレストランで。

 

f:id:monsieur0204:20171211005402j:image

 

シャブリだけに地元のワインが安かったです。

普段はなかなか飲めないラヴノーのワインを頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20171211005301j:image

 

次はパット・ルー。

こちらは日本人の方が彫られたそうです。

 

f:id:monsieur0204:20171211005444j:image

 

カラフルなステンレスタンク。

 

f:id:monsieur0204:20171211005511j:image

 

こちらではタンクから数種を試飲。

 

f:id:monsieur0204:20171211005553j:image

 

最後にピス・ルー。

意外と美味しかった'09のワイン。

 

今年も霜などの冷害に見舞われたシャブリですが、今年の冷害によって18年も葡萄不作を予想しているそうです。

最近のブルゴーニュは自然災害続きですから、来年以降は豊作になれば良いですね、、。

 

ドーヴィサ、ラヴノーなど、こうしたドメーヌは自分のアポではなかなか入れないですから、連れて行って頂いた「ビソウ」さんに本当に感謝です!