フランス帰りシェフの信州田舎暮らし。

4年半の料理修行を終えて地元信州に帰ってきました。帰国後の出来事、感じたことをつらつら書いていきます。

Yoshinoriで食事。

パリ初日は待望の守江シェフの新店「Yoshinori」に早速行ってきました。

 

f:id:monsieur0204:20171206233040j:image

 

数々のパリのレストランで働かれた守江シェフが満を持して独立。

自分は以前の「L'auberge du 15」の時に伺いました。

今回のフランス滞在中のいつ行こうか考えていましたが、パリの友人が予約しているという事で便乗させて頂きました。

 

f:id:monsieur0204:20171206235612j:image

 

先ずはオヴェルノワのクレマンで乾杯。

自分がいつも思うのは、オーナーシェフの新規オープンのレストランは料理は気合いが入っていてもワインリストがありきたりでガッカリする事が多いです。

こちらは以前に石塚オーナーソムリエのLe Petit Verdot(プティ・ヴェルド)でシェフを務めてた経歴からも、数はまだ少ないまでも料理と合わせて楽しめるワインが多々あります。

 

頼んだのはランチのデギュスタションですが、その中から何品か。

 

f:id:monsieur0204:20171206235720j:image

 

カボチャに上はコーヒーの泡。

 

f:id:monsieur0204:20171206235825j:image

 

牡蠣は日本で4回当たっているので普段は絶対に食べない食材ですが、フランスでは食べます。

フランス時代からそうですが、どういう訳かフランスの牡蠣では当たった事がありません。

 

f:id:monsieur0204:20171207074440j:image

 

仔牛のタルタルにロマネスコ

 

f:id:monsieur0204:20171207074555j:image

 

仔牛のタルタルはフランスでしか食べれませんよね、、。

以前のレストランは牡蠣の塩味と合わせたりと、癖のある食材では無いので使い方も色々です。

 

f:id:monsieur0204:20171207074818j:image

 

白はマコンのヴァレット。

自分がパリに居た時はまだ注目される前だったと思いますが、すっかりフランスのワインリストにも定着しましたね。

 

f:id:monsieur0204:20171207074959j:image

 

メインはスペイン牛。

フランスで活躍されるシェフが最近は挙ってフランスでは無くスペインの牛肉を使用してあるので食べてみたかったんです。

日本では味わえない熟成した赤身肉に大満足。

 

f:id:monsieur0204:20171207075228j:image

 

赤ワインはソムリエの方に選んで頂きましたが、こちらのワインの香りと熟成肉の独特の香りがマッチしてとても良かったです。

 

f:id:monsieur0204:20171207075408j:image

 

以前のL'auberge du 15の時よりも料理と店の雰囲気も合っていて、守江シェフの世界観全開。
まだオープン数週間ですが、凄い繁盛ぶり。

素晴らしい料理を頂けて、幸先の良いフランス旅行のスタートになりました。
守江シェフ、ご馳走様でした‼︎